Tシャツは自分で作れる!オリジナルTシャツ制作のHOW TO本の決定版!

過去何冊か出したボクの著書は、何かを「はじめること」に重点を置いて描いてきました。
ああでもないこうでもない、失敗したらどうしよう、どうやったらいいか分からないetc・・・、
まだ何もしないうちに頭の中で妄想だけが進んで、時間だけが過ぎて行ってしまう。
でも、あーだこーだ言う前に、見切り発車でもとにかくやっちゃえば、
先のことは後回し、お金をかけずとも、とにかく「はじめて」しまえば何とかなるんじゃない?
今までのボクの本は、そんな人たちの背中を押す役割を、少しくらいは出来たんじゃないか、と思っています。

でもやっぱり、ノリと勢いだけではじめたことって、なかなかうまくいかないし、長く続けていくのは至難の業。
ボクの周りにも、やるだけやっちまえ! ってはじめたはいいけど、飽きちゃったりうまく行かなくて辞めてしまう人がたくさんいました。

今回の本は、もちろん今まで通り「はじめること」も大切ですが、それと同じくらいかもしくはそれ以上に「続けること」に重点を置いて描いてみました。
(前作のT-SHIRTS BOOKの内容も完全網羅しているので、前作を読まずともこの本1冊で”はじめて”、”続ける”ことができるようになっています)

「Tシャツのつくり方」「ブランドの立ち上げ方」という初歩的なことから、インディーズブランドを立ち上げてしばらくすると必ずブチ当たる数々の「壁」の突破方法。
ボクがこの十数年間、あーでもないこーでもないと試行錯誤しながら培ってきた知識と技術を惜しみなく詰め込み、「つくる」だけではなく、つくったTシャツを「売って」「食う(生活する)」までを完全網羅した1冊です。

本書のテーマである「自宅でTシャツを手刷りする方法」と「インディーズブランドを立ち上げて、それを売って生活する」という2つの大きなテーマを基に読み進めていくと、ボクがこの本を通して本当に皆さんに伝えたい、もう1つの大きな「裏テーマ」を読み取ることができる”仕掛け”になっています。

この本が皆さんの「はじめること」のみならず、この先長く何年も「続けること」をサポートしてくれる1冊になってくれると、とてもうれしいです。

HEADGOONIE
大八木未来

<著者プロフィール>
大八木未来(オオヤギみき)

1978年千葉県銚子市生まれ。
2001年、退屈な毎日に飽きちゃったフリーター、ニート、ダメ人間たちを集めて結成された原宿オチコボレ・デザイン海賊団「東京グーニーズ」の船長。
同年2月、新世代型フリーペーパー『東京10:45』を発行。
同年4月、デザインオフィス『グーンダックスタジオ』設立。インディーズTシャツブランド『エメットブラウン』を立ち上げる。
2004年、『エメットブラウン』のフラッグショップでもあり、
ブランドイメージの軸となる「冒険」「SF」「精神世界」などの「古書」を扱ったブックショップでもある、
「HEADGOONIE BOOKSTORE」を渋谷にオープン。(2007年閉店)
同年、これまでの波瀾万丈な軌跡を面白おかしくマンガとテキストで綴った初の著書
『それでもお店を作りたい人のためのガイドブック -HEADGOONIE BOOKSTOREの出来るまで-』
(2004年飛鳥新社刊)を発行。
2008年、個展と展示会が融合した期間限定コンセプトショップ『CONJOINT STORE』を主催。
2009年、ブランド名を『HEADGOONIE(ヘッドグーニー)』に改名。
シルクスクリーン製版、プリント業務スタート。
「Tシャツを作って、売る」までを網羅したワークショップ「HEADGOONIE SCHOOL」を開催。(夏季限定)
2012年、出版レーベル『HEADGOONIE BOOKSTORE』スタート。

現在も、まだ見ぬ宝島を目指して荒波の中を航海中。