HEADGOONIE BOOK STORE

INFOMATION

先月発売の

「INDIES T-SHIRTS BRAND GUIDE BOOK -インディーズTシャツブランドのつくり方完全ガイド-」

を読んでくださった方からたくさんの感想をいただきました。

ここでは、その一部を紹介させていただきます。

 

 

2013.2.12 感想3件追加しました!

 

 

====================================================

 

NEW!!

 

本日、本が届き一気に読み終わりました!
もう早くTシャツを作りたい気持ちでいっぱいです!

 

 

学生の頃からオリジナルでTシャツを作る事が好きで、
昨年、見よう見まねでTシャツのネット販売を始めたのですが、
そう簡単にうまくもいかず、挫折&飽きていた所でした。

 

 

どうやって売るか?に特化してかかれている本ではありますが、
何よりTシャツ作りってやっぱ楽しいもんだよなぁ。
という初期衝動を思い起こさせてくれる本だと思います!

 

 

Tシャツショップ一本で食って行く!なんていうのは流石に現段階では到底出来そうにないですが、
決まったペースでリリースをしていくお店をまずは目指していきたいと思います。

 

 

これからも映画ファンの度肝を抜く面白いアイテムを期待してます!

 

 

京都府京都市 Hさん

 

====================================================

 

NEW!!

 

大八木様の著書、読ませていただきました。

 

 

まず一番の感想と言うか感じた事はものすごく「わくわく」しました。
あの映画グーニーズを見て少年時代に感じたようなわくわく感です。(キャッチーな事を書こうとした訳でわなく事実です)

 

 

私は47年生まれの40才です。
20才前後はスケートボード、スノーボードにハマってそのTシャツを着る事にステイタスを感じていたものです。
いまだにそんなTシャツが好きで着ていたり、オリジナルデザインのTシャツを作成して着たりしています。
いつかは自分のTシャツを販売してやって行きたい・・・そう思っていました。そんな時たまたまチェックした東京Tシャツ部のサイトの広告をクリックして
この本の存在を知りました。
即注文しました!
そしてワクワクしました!!
たまらないです!

 

 

まだ1デザインしかできてないですが、今年は何パターンか作成してサイトを立ち上げて販売・・・
楽しんでやって行こうと思います。

 

 

ワクワクする本をありがとうございます!!!

 

 

東京都江戸川区 Mさん

 

====================================================

 

NEW!!

 

今回の本はHEADGOONIEの裏側、極秘資料を見ているようでファンとして純粋にとっても楽しめました。

 

 

この本から、作るモノへのこだわりと熱意、クオリティの維持の上に、ビジネスとしての冷静な戦略と勝算という、
HEADGOONIEに一貫しているブランドとしての強度の裏付けと、「誇り」のようなモノを感じました。
自分はHEADGOONIEのこういうところにまんまとやられてしまったんだな、と実感しました。

 

 

今後もHEADGOONIEがなにをやらかすのか、期待が膨らみます!

 

 

神奈川県相模原市 Aさん

 

 

====================================================

 

 

今までの大八木未来の著作の集大成とも言える一冊、
Tシャツを作るという背骨あっての本ですが、
「何かを表現し、人に伝え、手にしてもらう」ということでは
絵を描く、音を奏でる、といったことで飯を食いたい人が読んでも共通点は多く、得られるものは必ずあると思います

 

 

かなりぶっちゃけて書いてるあたりはすごく未来らしいと思いました
まわりくどい言い方もなく、単刀直入に「Tシャツを作ってブランドにしてきちんと売って買った人に喜んでもらう」という
シンプル、でも食うところまで持って行くには難しいことを
自分が経て来た失敗談、成功談、どちらも書いて全部オープンにしています
全然秘密にしないのは未来の良いところ!

 

 

こんなにちゃんと考えてやってたんだなぁと(笑)
酒呑んでベロベロだった彼からは想像できないきちんとした内容なのには驚きました

 

 

そして今までと変わって来たところ…、というか未来が成長した証なのでしょうが
地域と自分との関わりについて明確に描いてるところが私個人的にはグッときました
自分一人だけでやっていくことと、周りの助けを借りることとのバランスは一生考えていかなきゃいけない大事なことだと思うので!!

 

 

その部分は鉄壁な素晴らしいマクフライの表紙の裏に隠れて(?)いる未来が描いた1枚の画に集約して表されてると思うので
手に取った方は、是非めくって見てみてくださいね

 

 

これからも楽しみにしています

 

 

現代女浮世絵師 ツバキアンナさん
http://www.annarocks.jp/

 

====================================================

 

 

HEADGOONIEでは本書を世に送るに当たって、従来にない企画をたて、新しいやり方をすることにした。

Tシャツとは何か、ブランドの生まれ出ずる過程、店舗の運営方法、リリースのサイクルなど、途中漫画を踏まえ非常に解り易く解説されている。

 

 

千葉県の銚子から上京後、一代でインディーズ服飾ブランドの頂点ともいえる”HEADGOONIE 王国”を築いた大八木未来の稀有な人生及び生活の一部を垣間見れると同時に、同業者が目にすれば肝を冷やしかねない情報も顕に開示され、奇想天外、抱腹絶 倒、冒険活劇、そして最後には思わずホロリとさせられる心地良いフィナーレを迎える。TO BE CONTINUED...

 

 

この本の題名が示すように「Tシャツ屋になりたい人の入門書」の体裁を取っているが、その内容は一般的な”How to 本”の範疇を遥かに超越して、Tシャツの研究は人間研究にほかな らず、ブランドの立上げも人間研究のそれであり、読む人の心に深くしみこむ内容となっている。読者はこの本を通して、夏の夜空に華麗に咲いては儚く消えて いく花火の様な全てのインディーズ服飾ブランド(私もその一人である)を愛さずにはいられなくなるであろう。

 

 

JETLINKデザイナー/ディレクター 渡辺純さん
http://www.jetl.com/

 

====================================================

 

 

この本に書いてある事を実行すれば自分のブランドが持てます。
そういう本です。
でも、最初からやるには難しいこと、大変なことも書いてあるので、全てをやろうとしなくて良いです。
なぜならHEADGOONIEも日々進化して今に至っているからです。
だから、まずはこの本を読んで感じたまま、衝動のままに動かされて下さい。
気付いたらあなたも好きな事で飯が食えているかもしれません。

 

 

東京グーニーズ 今野敦さん

 

====================================================

 

 

今回も本面白かったです。
自分の場合は、実用書として読むと言うよりマンガとか服ってこうにできてるんだなっていう過程を知って楽しむっていう感じです。
最初の『それでもお店をつくりたい人のためのガイドブック』(2005年/飛鳥新社刊)からよんでますけど大八木さんのマンガ面白いですよね。
内容も面白いけどマンガの感じも面白いから買ってます。

 

 

次、SFマンガとかだったら面白いですね。
とにかく次回作も早く読みたいです。
あと対談も面白かったです。マンガと初期の10:45のメンバーの対談とか読みたいです。
でも内容もブランドの普段知ることができない内容だからついつい読んじゃいますよね。
大八木さんの子供からの自伝とかマンガであったら面白いですね。僕は買います。

 

 

これからもHEADGOONIEに期待してます。
何だかんだでいまだに昔から買ってるのってアウトドアブランドかHEADGOONIEくらいになってしましました。

 

 

群馬県富岡市 Yさん

 

====================================================

 

 

本、楽しく読ませて頂きました。
そういう世界に、興味があってもやる事勇気がなく、40歳を迎えてしまいましたが
本を読ませて頂いて、気のせいかも知れませんが背中を押された気がします。
どこまで出来るか分かりませんが、やってみようと思います。
道具購入、近々したいと思います。
良い本、ありがとうございます。

 

 

北海道 Sさん

 

====================================================

 

 

大八木さんがTシャツブランド運営の全てをまとめてくれました。

大八木さんの過去の著作含めて、色々なTシャツ本を読んできたけど、これぞ「完全ガイド」と銘打っていい内容と断言。

 

 

これからTシャツブランドを初めようとする方、今Tシャツブランドを運営している方、

運営して何年も経ってる方、どの方が読んでも、それぞれの立場での「気づき」がいくつも得られる本と思います。

 

 

東京Tシャツ部 部長 クラゲさん
http://www.tokyotshirts.com/

 

====================================================

 

 

昨日、ガイドブック届きまして一気に読みました。
前回のも読んでいますので重複している所もありますが読み応えもあり、個人的にはインタビューのページが参考になり良かったです。

 

 

会社勤めをしておりましたが、自分で何かしたいなという気持ちが常に頭の中にありました。
そんな時に前回のガイドブックに出会いました。
読んでいて刺激を受け、オリジナルブランドを再度立ち上げるキッカケだったのです。
大八木さんのガイドブックに出会ったのが転機だったんだと思い感謝しております!

 

 

APOCALYPSE.ART / SPACE 野田さん
http://space-clothing.net/

 

====================================================

 

 

本日ついに本が届きました!先ほどまでずっと読みふけってつい一気読みしてしまいました。
ブログの方にもコメントしたのですが凄く面白かったです。
Tシャツ君をイタズラして何度かTシャツ作ったことあるんですが、本格的にシルクやってみたいなと思わされました
美術の大学(一応ですが)出身なのでやり方は知っているんですが自宅だとなんか面倒だなーと思っていました。工場任せではなく手刷りというのが凄い。

 

 

自分は、大八木さんより実は少し上なのですがいわゆる裏原ブームをリアルタイムに体験した世代です。
まあ当然と言えば当然なんですが今はかつての裏原ブランドも大きく成長して遠い存在となり原宿も昔の面影ゼロな訳ですが、その頃の空気ってまさに自分次第で小さなとこからでも十分面白いこと始められるんだっていうワクワク感が有ったと思うんです。
そして今の大八木さんを見ているとその頃と同じ空気が流れているように感じます。
有名な映画をモチーフにしているから人気があるということだけじゃなくて面白いことに対して貪欲な姿勢があるからこそ、そこに惹かれて自然と人が集まってくるんじゃないでしょうか。
本書を読むと自分の好きなことに対してすごく真摯に向きあっているなあと思わされます。
自分が好きだと思うブランドは大小有名無名に関わらず常に面白いことをやっていて自分の仕事やプライベートな事にも刺激を受ける物ばかりですがヘッドグーニーもその一つです。

 

 

繰り返しになりますが、自分もものづくりに関係ある仕事をしていて、ヘッドグーニーのプロダクトからは常に刺激をもらっています。
これからも面白い物が出てくるのを心待ちにしてます。来シーズンも期待しています。頑張ってください。

 

 

宮城県古川市 Sさん

 

====================================================

 

 

新刊、バッチリ読ませていただきました。
素直に読みやすかったです。
難しい事を、未来くんの実体験をベースのイラスト/漫画を織り込んでわかりやすくブラッシュしていて、お世辞ぬきによかったです。

 

 

ファッションクリエイター Jr.MARQUESさん
http://ameblo.jp/jrmarques/

 

====================================================

 

 

非常に読みやすく、わかりやすい内容でした。
ブランドとして、ひとつひとつの作品に対して誠実であり、非常に手間をおしまず作り上げていく様が伝わります。
現代のビジネスには確実に必要であろう内容もわかりやすく説明してあって楽しみながら読めました!
個人的には最後の方にある漫画に、作者が近所での日常的なコミュニティーを大切に日々暮らしているんだよって意思が伝わって、僕も地域で生きてる人間なので非常に共感しました。
ますます次の作品を楽しみにしています。

 

 

PASTA料理屋NINOオーナーシェフ 西川三郎さん
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13112557/

 

====================================================

 

 

これはね、Tシャツの作り方、売り方etc…
Tシャツ刷って、好きなデザインして、ブランド? ワクワク。
なんて本に仕立て上げてますが… 芯はそんなんじゃないです。

 

 

サル、バカ、○○でも分かる入門! 系のビジネス本がありますよね…。
結局、俺、サル以下かもしんない… って難しくてがっかりしたり、
そんな本を読んで、あ~あ結局な… なんて想いをしてるベンチャーおっさん、
右も左もわからんがやる気は十分っす! でどうすればいい? って独立1年生。
”業種は問わず”、そんな方々にこそ読んでほしい本
Tシャツを例としてとても分かりやすく説明しています。

 

 

未来君… 積み上げてきたね…。洗練してきたね…。
そして巻末数ページの差し込み漫画、これが現実で理想の答えだね。

 

 

アクセサリーブランドVIVIFYオーナー 浅野俊一郎さん
http://www.vivify-net.com/

 

====================================================

 

 

「何でもやってみないと分からない。先ずはやってみよう!!」って、思いながらもなかなか踏み出せないのが現実。
でも、この本はその一歩を踏み出すために背中を押してくれるような一冊です。

 

 

漫画で、面白くわかりやすく描かれていて、漫画だけでも満足。
対談もあって、いろんな人の想いや貴重な意見が聞けてとても参考になりました。
始めたから終わりではなくて、始めたことによりスタートラインに立つ。何となく分かっていたけど実際はよく分からなかったって事も、経験を元に丁寧に描かれているのでとても参考になります。

 

 

かゆいところに手が届くと言うか・・・この本がお守りとなって、新しい世界を観られる気がします。
Tシャツを作りたい人、自分のブランドを持ちたい人は勿論、そうじゃない人も好きなモノに注ぐ想いや生きていく上での「何か」を見つけられると思います。
楽しい参考書として、何度でも楽しめる、何度でも読みたくなる一冊です!!

 

 

千葉県銚子市 Yさん

 

====================================================

 

 

著者のこれまでの作品は全て読んでますが前作の『T-SHIRTS BOOK入門編』よりも深く、手刷りTシャツの作り方以外の、ブランドの『ROLL』の仕方を実際にいま活躍している経験者へのインタビューも含めて非常に分かりやすく書かれています。

 

 

この本を読めばとりあえず誰でもすぐにブランドを立ち上げるコトが可能で、始めた後の継続の仕方まで、親切過ぎるだろ!ってくらい丁寧に教えてくれています。

 

 

ボクは前作を読んだ後、ワクワクが止まらず、版を二種類HEADGOONIEにお願いして作ってもらって自分で手刷りでTシャツを作りましたがもの凄く感動します。
そして自分で作ってみるとHEADGOONIEの作るTシャツのスゴさに驚かされます。

 

 

いまブランドをやっていて上手くいってナイ人はモチロン、これからやりたい人、やる気はナイけどTシャツ好き! って人などなどどんな人でも読める内容だったので激!オススメです!

 

 

次回作も期待してます!

 

 

水戸グーニーズ 鈴木大地さん
http://ameblo.jp/psyence2/

 

====================================================

 

 

もともとHEADGOONIEのファンで…というより大八木さんのファンなので、ブランドをやりたい!服を作りたい!
とかいう感情はなかったんですけど、読んでるうちにTシャツを作りたいなと思ってきました。
気付いたら色々な事をググってました。
漫画のところなんて、まるでブランドを自分でやっているかのような気持ちにさえなりました。
そしてこんな事まで教えちゃっていいの?ってくらい書いてあるので大八木さんの器のデカさには感激しました。
服を作る! じゃないにしろ、
何か行動を起こしたい! 何かやってみたい!
という気持ちにさせてくれる面白い本でした!

 

 

水戸グーニーズ トッこさん

 

TOP↑