70年以上前の絣(カスリ)を使ったツギハギシャツ裁断完了、縫製スタート。

blog257

何度かブログ、SNSでご紹介していますが、
2年ほど前からぼちぼちと、絣(カスリ)のハギレを集めていました。
そこらへんやネットで探すのではなく、僕は生家が呉服店なので、実際に僕のおばあちゃんが使っていたもの、ひいおばあちゃんが着ていた着物などをコツコツ集めていました。

そしてようやく、ある程度の数量が集まったので、、

IMG_4396

100%全部絣ではあれなんで、インディゴで先染めした麻、綿、ダブルガーゼなどを混ぜます。

そして裁断がスタート。

IMG_4617

インディゴ染めしたチェックの春夏綿や麻に、絣を接ぎ合せていきます。

その辺で適当に見つけたあれじゃないですから、おばあちゃん、ひいおばあちゃんが大事にしていたものですから、1cmたりとも無駄にできない、したくない。
襟や帯になっていた部分もキレイに解き、細かい部分もすべて使います。
(もちろん最後に熱処理、特殊なウォッシュをかけますので古いものですが衛生的な部分はご安心を)

IMG_4619

IMG_4621

縫い合わせ作業に突入しました。

本当は既成の生地だけでやるつもりだったので、そんなに時間がかからない予定だったんですが、せっかくだったらもう入手不可能な古生地を使い、それも僕の肉親のものを使いたい、ということになり、
無駄なく細かい部分も全部接ぎ合せていくことになると、これまたすごい手間と時間がかかってしまい、、4月にはお披露目できるかと思っていたんですが、
もうちょい時間がかかってしまいそうです。

ということで、年末リリースしたツギハギネルシャツのグレードアップ版、
春夏用の半袖ツギハギシャツ、それも古生地絣ブレンドバージョンというすごいのに挑戦しています。最終的に何着つくれるか微妙なところですが、、また進行状況をお伝えします、ご期待ください。

HEADGOONIE
大八木未来

http://www.headgoonie.com/