TIME TRAVELLERS BACKPACK


1985 TIME TRAVELLERS BACKPACK
https://www.headgoonie.com/items/5b9f7f435f78664450000b4c

1985年、人類初のタイムトラベラー少年が、通学時に使っていた”あのバックパック”を、
見た目は当時のままに、21世紀の技術も搭載し、現代に甦らせました。

このバックパック、僕も当時のものを形状や色違いで何個か所有していますが、
製造から四半世紀以上が過ぎていますから、とてもキレイな状態とは言えないものばかりです。
時と場合によっては、40近いオッサンが色褪せたボロいリュックを持ち歩くのは
少々シンドイものがある。
デートや、正装までいかずともある程度カチっとすべきシーンでは、もう少ししっかりした
クオリティーのものを持っていたい。
スタイルはずっと一緒だしこれからも変えるつもりはないけど、
もはやマーティーより(当時の)ドクの方の年齢に近づいてきた今、
クオリティーくらいは年相応なものを。そんな裏コンセプトがあったりします。

表地には、堅牢な耐久性で有名なCODURA社製オックスナイロンを採用。

背中に当たる部分、ショルダーストラップ内には、低反発マットを内蔵。
肩や背中にかかる負担を劇的に解消し、長時間背負っていても疲れにくい構造になっています。

ボディとストラップをつなぎ合わせるナイロンテープも、実物を見てもらえれば一目瞭然、
通常のものよりもはるかに強度の高いテープを採用しています。

バッグ下部・ブタ鼻部分には、年齢も若く、最初からかなり柔軟性にも優れていて、フシやキズのない、最高級な豚革を採用。
写真で見ただけでも、そのクオリティーの高さは一目瞭然ですね。
使い込むうちに、もっと深いアメ色になり、アタリや経年変色が出て、素晴らしい風合いを醸し出すことでしょう。

当時の実物には裏地は付いていないのですが、高密度ナイロンを採用した裏地を搭載。
断ち切り部分にはキレイにパイピング処理がされており、ここからのホツレを防止します。

日々マックブックを持ち歩く僕個人的リクエストで、ノートPCホルダーも搭載してもらいました。
パソコンのみならず、大事な書類などをバッグ内で仕分けするのにとても便利です。

この部分には、また別のウォッシャブルタイプカウレザーを採用。
(ボンバージャケットでもご協力いただいたBTTFマニアの)Mさんから、「映画で使われたものは、この部分の角が尖っているんですよ」(学校に到着してスケボーを蹴り上げるあたりのシーンで確認可能)
という情報をいただき、レザーの角はあえて丸くせず尖ったままの処理にしてあります。

NAME、ADDRESSなどの文字部分はもちろんシルクスクリーンによる手刷りです。

そして最後までどうするか悩んだこの部分。

ショルダーストラップ下部についている、別の目的のストラップ。
荷物が多いときにこれを腰に回して安定させるためのものらしいですが、
このくらいの中容量のバックパックには、実際あまり必要ないらしい。確かにこの程度の容量で腰で安定させるほどのものではないですよね。

取っ払ってしまおうかと思ったんですが、一応”見た目”はできる限りイジりたくなかったため、
残しました。一応本当に使うことを考えてストラップを設けました。

使用例。


もちろん”あのコスプレ”のときには必要不可欠なんですが、
その名の通りデイパックとして普段使いにも最適です。ミニポケットが出し入れ便利で自転車移動にも適しています。

今回のボンバージャケット、ダウンベストを予約している方にはもちろん入手してほしいですが、
BTTF関係なくとも、ハイクオリティな日本製デイパックとしてもぜひ使ってみてほしいです。

制作はデータリュック同様、品質安定のRESさんに依頼しました。
すべての制作工程を日本国内で行ったメイドインジャパン製品です。

入荷しました。すぐに出荷できます。

HEADGOONIE
大八木未来

https://www.headgoonie.com/