TEENAGER REVERSE WEAVE CREWNECK&HOODY SWEAT

TEENAGER REVERSE WEAVE CREWNECK SWEAT

http://headgoonie.com/items/599572e13210d52f2b00168b

 

TEENAGER REVERSE WEAVE HOODIE SWEAT

http://headgoonie.com/items/599574943210d52f2b001764

 

 

 

ベースとなっているのは国産ヘビーウェイト12oz裏毛スウェット。

これを京都に持ち込み、手捺染でこのイカれた総柄を施しました。

 

こんなアホらしい柄を日本古来の伝統工芸技術を駆使してつくるなんて、どうかと思い悩んだ

のですが、今はこの方法をとって間違いなかったと確信しています。

 

京都の手捺染といえば、友禅ルーツの染料(生地に完全に馴染み染み込むインク)が支流ですが、

ここはあえて顔料(生地の上に乗ったような、光沢のあるペタっとした仕上がりになるインク)

を採用しました。

 

ブラックには蛍光グリーンでプリント。

 

 

染料、ひいてはインクジェットや転写では絶対に出すことのできない顔料ハンドプリントの味。

80s感バリバリな素晴らしい仕上がりです。

 

さらにZIPは、別注をかけてから1本1本手作業で削り出す、WALDES社製ZIPを採用。

エレメントのギラリ感が普通のYKKとは雲泥の差があり。

 

 

フードは、いわゆる普通のパーカーの約1.5倍の大きさに設定したビッグサイズを採用。

僕はこれをジェダイ・フードと呼んでいます。日々ジェダイの修行に励む僕はこの深い

フードをかぶるととてもテンションがあがります。

 

そしてクルーネック。

 

 

よく見ると、襟のリブが二重構成になっています。これはダブルバインダーという、

リブを2枚構成にし、伸びを防いで強度を高める、1930~40年代頃によく用いられていた先人の

知恵です。

 

 

袖口リブは、1950~60年代頃のG-8を主としたフライトJKTに用いられていたV型リブを採用。

腕まくりをしたとき特に、ウデ周りの窮屈さを劇的に解消してくれます。

 

他にも3本針使用やラッパ管などなど、言い出したらキリがないくらい、カットソーのメッカ

東京江戸川の技術を駆使したさまざまなギミックが細部にちりばめられています。

 

着用例。

 

エレクトリックリボンのericaちゃん。

身長、、わからないけど160くらい? だったと思いますが、それでMサイズを着用しています。

ボンテージデニムにめっちゃ合いますね。

 

サイズ展開、M、Lですが、MでXL、LでXXLくらいのかなりのオーバーサイジングになっています。

アウターをざっくりはおるかのように、ガバっと大きめを着用することをおすすめしています。

 

こちら先日のカタログ撮影のオフショット。

 

単品でみるとドハデなんですけど、着ちゃえば案外コーディネートに溶け込んでしまいます。

オーバーサイズというところがミソですね。

 

トップスがハデな分ボトムスは抑えるのが通例ですが、ここはあえてヒョウパンやうしくんモデル

でいっても不思議とすんなりマッチしてしまいます。

 

 

正直、これは自分では着ないかな〜と思ってましたが、、ブラッククルーネックめっちゃいい。。

ボロボロデニムに合わせたら激シブイと妄想していて、おそらくLサイズ(XXL相当)を購入

予定です。

 

このあと9月〜11月にかけてリリースされる17AWアウターたちのインナーとしても大活躍間違い

ナシ。

こんなチープでいかがわしいラクガキが、京都産の手捺染を施した最高級生地を使い、江戸川の

カットソー職人が縫製したメイドインジャパンの一級品に仕上がっているところが

HEADGOONIEならではなところだと思います。

 

多少値は張りますが、インクジェットや自動機でつくった総柄とはその仕上がりが雲泥の差。

このブログを最後まで読んでくれて、製作工程裏側まで理解してくれる方にはこの値段が破格だと

いうことはわかってもらえていると思います。

 

WEBSHOP、各地取扱店にて販売開始です。

よろしくお願いいたします。

 

HEADGOONIE
大八木未来

 

http://headgoonie.com/