ヴィンテージタイプ海賊クルーネックSWEATについて

70sヴィンテージチャンピオンの裏毛を分解・解析し、現代の技術でできる限り忠実に甦らせたヘビーウェイトスウェット生地を採用。
カットソーの聖地・東京江戸川でリバースウィーブタイプに縫製後、
岡山で”あの色”に染め上げました。
前V、サイドパネル、Wバインダーネックなどヴィンテージスウェットの”美味しいとこ”を全部載せしたたまらない逸品。
最後に東京用賀スタジオにて、ヴィンテージ染込インクを使って海賊カレッジプリントを施します。
着込めば着込むほどプリントが生地に馴染み、素晴らしい風合いを醸し出すことでしょう。

、、、というわけで、2019SS海賊コレクションの一翼を担うアイテムとして制作していましたが、
70年代の生地を復活させるとか、それをあの微妙〜な色に染めるとか、かなりムズイことをしてしまったため、様々な事由で途中脱落する個体がかなり多く、結局、販売できる数はすごい少なくなってしまいました。。

ので、僕も泣く泣くですが、展示会場限定販売というかたちになると思います。
残ったら(展示会後)WEBSHOPにも出しますが、おそらく出ないか、もしくはサイズ欠けまくりな感じになると予想します。東京まで持つかも微妙ですが、、少なくてすみません、でもこれホントにすっごい良いのでできたらGETしてください。

ちょっと平置きみてください、すごいんです。



真四角!

以下詳細寸法。
<SIZE>

M 着丈58cm 身幅58cm 肩幅53cm 袖丈53cm

L 着丈61cm 身幅61cm 肩幅54cm 袖丈54cm

XL 着丈64cm 身幅64cm 肩幅55cm 袖丈55cm

着丈と身幅がピタリ一緒の完全BOX型でまさに今の気分。

平均より6〜7cmくらい広めの肩幅に対し、平均より5〜6cm短い袖丈で、
肩を落として裄丈で着る感じ。

もう今(深夜1時)スタジオ誰もいないので、僕の自撮りですみませんが、

僕(182cm/65kg) がXLを着て、こんな感じ。

かなりワイドなのにあまり大きく見えないのは、着丈が平均よりちょい短め設定なので、
ただ単にデカイのを着てるような下品さはありません。

肩が落ちてるけど、袖丈が短めなので袖が溜まることなく快適に着れます。

腕をあげるともうちょいシルエットがわかりやすいかも。

身幅・袖幅はこのくらいドカーン!っとデカめ。

この四角い感じがまさに2019SSにちょうどいい。

夏が来る前までの日常使いクルーネックとして、かなり重宝するはずです。

着込んで着込んで、ズタボロになってくると激シブです。
ぜひ所有者様だけの1着に育て上げてください。

生地の研究・制作、縫製、染め、加工に至る全ての制作工程を日本国内で行ったメイドインジャパンの一級品。このスペックで¥16000(税別)です、破格です。

というわけで、通常販売できなくて申し訳ないです、、
ちょっと入手するのムズイかもしれませんが、よかったらぜひ手に入れてみてください。

PS  どうしても展示会に来れない方は、1箇所目、大阪WARPにお問い合わせいただくのがベストだと思います。
よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

https://www.headgoonie.com/