1700年代大海賊時代の10mmピッチ船乗シャツをイメージした海賊ボーダーシャツが販売開始。

blog413

PIRATE BORDER LONGSLEEVE SHIRTS
http://headgoonie.com/items/595dad3cc8f22c5b61000b28

17AWコレクションのマストアイテム、PIRATE BORDER SHIRTS通称 ”海賊ボーダー” がついにリリース。WEBSHOP、各地取扱店にて販売開始しました。

IMG_4793
blog422
2年くらい前、「カリブの海賊」の海賊たちが着てる衣装にハマってしまい、連続15回乗ってそのディテールを研究しました。
やっぱり海賊かっこいい。

とはいえ、ホントに海賊がボーダーシャツを着ていたのかというとそんなことはないらしく、
18世紀以降、物語の中に登場する海賊たちに、囚人・罪人の証である縞模様を着せたことがはじまりだと言われています。

そもそもなぜ囚人・罪人が縞模様を着るのか? というあたりを辿ると、
どうやらその由来は旧約聖書にあるようです。

「 レビ記」第19章19節にこうあります。

二種の糸の交ぜ織りの衣服を身につけてはならない

20160123114345

この記述のせいで、ユダヤの慣習では2種の色が混ざった服は忌み嫌われ、その習慣は紀元前から伝わり、中世ヨーロッパにおいて広く定着しました。
中世時代の写本などでは、「愚か者」を描く際にボーダーを着せて描いたといわれています。

「裏切り者のユダ」、「神の命に従わなかったイスラエル初代国王サウル」、
「洗礼者ヨハネの首を求めた異常者サロメ」、「サムスンをペリシテ人に渡したデリラ」など、旧約聖書の悪役たちはみんな縞模様を着せられて描かれるようになりました。

20160123152939

その、忌み嫌われたボーダー模様は後世まで脈々と受け継がれ、罪人の象徴として囚人服に用いられました。アウシュビッツの縦縞服はあまりにも有名です。

罪人、愚か者、野蛮の象徴であるボーダーはやがて物語の中の”野蛮の象徴”である海賊たちに着せられることになります。

僕の中で、海賊ボーダーといえばやっぱりこの人。

Smee_Transparent

Mr.スミー!

たぶん、海賊がボーダーを着ている、というイメージを近年世界広くに伝えたのはこの人だと思います。

というわけで前置きが長くなりましたが、、
「愚か者」「野蛮」「罪人」の象徴なんて、僕らグーニーズにはもってこいな服じゃありませんか。

僕自身、ボーダーロンTがすごく好きで、アニエスb、サイダーハウス、ポーターなどなど細いピッチで海賊っぽいのを何枚か所有しています。

しかしファストファッションが巷に溢れる昨今、普通のボーダーロンTなんてその辺で1000円くらいで買えてしまう。

もしHEADGOONIEがボーダーをつくるのであれば?
じゃあ、刷ろう! ということで、ボーダー自体をオリジナルプリントすることにしました。

blog413

一見引きで見ると、ただのシンプルなボーダーロンTに見えますが、
近づいてみると、、、

blog414

不均等な手描きボーダー。所々カスレてたり滲んでたり。

前述した通り、実際に海賊たちはボーダーは着ていなかったんですが、
もし、1700年代の大航海時代の海賊たちが、自分たちで活版印刷で縞模様の生地をつくっていたら?
ということを空想し、
手描きのラインを活かした、海賊たちがラム酒を飲みながら適当に刷ってカスレまくっているような、そんなロマン溢れるイメージのオリジナルボーダーを製作しました。

もちろん、インクジェットや昇華転写なんて使わずに、昔ながらの手捺染で仕上げたメイドイン京都製の高級生地です。

着用例。

IMG_8610

DAICHI (MITOGOONIEZ) 173cmでXLを着用。

一見ただのボーダーっぽく見えますが、そこには海賊の意匠が込められていて、同じカスレ具合のものは2つとない一点モノであると考えると、男の子にはたまりません。

柄だけではなく、生地にも特徴があります。

IMG_8529

写真では伝えれないのが残念ですが、

たとえば、HEADGOONIEの定番型、5.6oz〜6.2ozのTシャツを基準とし、あれらをフライスで表すと、いわゆる40フライスという種類に分類できます。

普通のトレーナーよりちょい薄めくらいの裏毛ヴィンテージタイプスウェットを分類するとしたら、20フライスに分類されます。

そして、この海賊ボーダーは、30フライスに分類されます。

つまり、見た目ロンTですが、Tシャツよりも断然厚い。けどトレーナーよりは薄い。
Tシャツ以上、トレーナー以下という絶妙な厚さ。
Tシャツ1枚で出かけるのに抵抗(お腹)が出てきてしまったオジサン海賊たちにはちょうどいい厚さだと思います。
拙い文章では伝えきれないのがもどかしいですが、なんとも”ちょうどいい”厚さなんです。

さらにポリウレタンを5%混紡することにより、全体の柔軟性を劇的に高めました。
つまりめっちゃ伸びます。ウデを上げたり、カラダをヒネったりの動きが劇的に違います。
生地がカラダの動きに合わせて伸縮し、日常生活の動きをサポートしてくれます。

これからの季節〜初秋に向けて、1枚でサラリと出かけるのに本当にちょうどいいです。

blog416
blog417

僕は今季、パンツにINするのもアリだと思っています。
そのためにいいベルトも欲しいですね。

このまま9月末〜10月頭くらいまでは、(来月リリースの)BOOTSBOYS DENIM PANTSやボンテージデニムなんかに合わせて1枚でサラリと着て、
10月以降、1枚じゃちょっと寒くなってきても、17AWのアウターたちとの相性が最高なんです。

blog418

SHINTARO (Mikey’s attic)

9月発売のドリズラージャケットに合わせています。下にはいたヒョウパンとの相性もめちゃいい。

IMG_8609

Tokko (MITOGOONIEZ)

11月発売の冒険ミリタリージャケットに合わせています。セージグリーンのミリタリージャンと赤ボーダーの相性って何でこんなにいいんでしょうか。
下にはいたブーツボーイズデニム(8月発売)うしくんモデルとの組みわせもちょーいい。

10月までは1枚でサラっといけて、10月以降はアウターのインナーとして大活躍すること間違い無し。まずはこれが17AWの基準。マストアイテムです。

生地の製作から捺染、縫製に至るすべての製作工程を日本国内で行ったメイドインジャパンの一級品です。
この着心地、ぜひ実物を体感してください。

WEBSHOP、各地取扱店にて絶賛発売中です。よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

http://headgoonie.com/