満月の夜空を駆け抜ける東京グーニーズ悪ガキ6人組。眼下には大人たちの暮らす東京の夜景が広がる。

blog246

OVER THE MOON!
http://www.headgoonie.com/items/58cbb36b1f43756983003111

フルムーンの夜空をBMXに乗って駆け抜ける東京グーニーズ悪ガキ6人組。
(デブが遅れてしまうのは80sムービーのお約束)
眼下には大人たちの暮らす東京の夜景が広がる。

シルクスクリーンブランドを名乗るHEADGOONIEが手がけるTシャツは数あれど、
僕がストリートウエアという媒体を通して言いたいこと、やりたいことを1枚ですべて表してくれたような、HEADGOONIEの世界観を一番よく表現できている、
代表作中の代表作です。

OVER THE MOON!をはじめてリリースしたのが、2007年春夏。あれから早いもので10周年。
ということで、コンセプト・構図は遺したままデザインを一新してリプロダクトしました。

blog247

フルムーンをバックに、東京の夜空をBMXに乗って駆け抜ける東京グーニーズのメンバー。

今まではシルエットのみの1版構成でしたが、2版構成にグレードアップし、個々の表情まで読み取れるようにバージョンアップ。

月&星空部分は抜染(バッセン)という、Tシャツの生地の色を脱色しながら染色していく特殊技法を採用。
その上から、フォトTなどに使われる高密度シルクスクリーンを使い、繊細な月の影を表現しました。

blog248

小さい頃楽しみだった『金曜ロードショー』。
グーニーズもBTTFもリアルタイムではなかった僕は、金曜ロードショーにたくさんの映画と出会わせてもらいました。

和田誠さんが手がけたあの印象的なオープニングアニメーション。
懐かしくステキなあのタッチをオマージュしています。

blog249

眼下には大人たちの暮らす東京の夜景が広がる。

こちらも2版構成にグレードアップし、ビルや屋形船、車に灯る明かりまで表現しました。

前のOVER THE MOON!の夜景は、東京タワーを中心とした夜景でした。そう、前作をリリースした07年にはまだスカイツリーなかったんです。

今回のバージョンアップモデルは、スカイツリーを中心とした東京墨田区の夜景をフィーチャーしました。

blog250
blog251

デブが遅れてしまうのは80s冒険映画のお約束。
フロントプリントに追いつかなかった食いしん坊な彼は、バックプリントから一生懸命みんなを追っています。

blog254
blog255

前作よりも、星空の星の数を増やしているので、着たときのラグジュアリー感もグっと増しています。

老若男女問わず、オーバーサイズ・ジャストサイズ問わず、どんなスタイルにもマッチし、コーディネートの主役になってくれます。

僕はこれ、5月リリースの機関車アロハパンツとすごい合うと思います。
女の子でも男の子でもこの組み合わせはとてもかわいい。

バッセン、フォトプリント、水性ハンドプリントなどなど、新旧さまざまなシルクスクリーン技術を駆使して創り上げた1枚。
すべて水性インク仕様なので、着込めば着込むほど生地とインクが馴染み、独特で味のある風合いを醸し出します。10年20年後色褪せ褪せになったら激シブだと思います。
経年変化を楽しみながら長く着るのも良いのですが、僕はこれ、ある程度キレイなままストリートウエアと合わせてコーディネートするのが好きです。
HEADGOONIE CAPやHEADGOONIEのウォレットもそういうコンセプトで、定番として定期的にリリースしますので、ボロくなったら定期的に買い換えて、皆さんの定番ワードローブとしてずっと使っていってもらえたら最高です。

ということで、HEADGOONIEを代表する名作が、バージョンアップされてリリースとなりました。
すでに在庫あり、すぐに出荷できます。

WEBSHOPにて販売開始しました。よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

http://www.headgoonie.com/