福BOX2018中身情報 其の三

例年より前倒しになり、2017年末に発売になる福BOX2018、

中身情報がHEADGOONIEのインスタグラム、Twitter等で続々公開に

なっています。

 

“NEVERLAND”とは、広島県・岡山県に実在する、HEADGOONIEのアイテムを縫製している

河崎工場長が運営する縫製工場です。

これはそのネバーランドファクトリーをテーマにしたファクトリーTシャツ。

HEADGOONIEでオリジナル調合した染み込みホワイトという特殊インクを採用。

オールドな印象でシブイ。

 

バックプリントは”将来の夢”。

場所はもちろん、”あの島”。

自分でつくったデニムのセットアップを着て、パイプを蒸しながらロッキンチェアーでくつろぐ。

ツリーハウスの部屋の中には、若かりし頃に冒険した先々で集めた宝物が並んでいて、

窓からは出港したばかりの海賊船が見える。

 

HOODY SWEATもあり。9.3ozライトウェイト裏パイル製で、17AWアウターのインナーとしても、

春先には18SSと合わせてそのまま来年も活躍できます。

Tshirts、HOODYともにトレジャーハンターデニムとよく合いそう。

 

そしてこちら。

 

Getting Back HOODY。同じく9.3ozライトウェイトモデル。

BACK→部分はパイルワッペンを使った豪華仕様。

フロントが無地ってのがジワジワくる。

ホントは通常ラインでリリースする予定でしたが、BACK→のワッペン取り付け案内として

プリントした白ベタがワッペンサイズと微妙に合わず、

端っこからチラっと見えてしまったため、ボツ。ボックス行きとなりました。

でもこんなの別に気にならない。ホントはボックスなんかに入れてはいけないくらい予算が

かかった豪華な一品です。

そしてこれも。

ありそうでなかった空飛ぶ機関車シルクスクリーンTシャツ(5版構成)。

いつもだったらバカーンとドデカプリントしてしまうところを、

今回のBOXのテーマに沿い、あえて小さくシンプルに。

 

まだまだ中身情報続けます。HEADGOONIEのSNSを引き続きチェックしていてください。

よろしくお願いいたします。

 

HEADGOONIE
大八木未来

https://headgoonie.com