データコート考察2018年版。もう1人のグーニーズメンバーの存在。

まもなくデリバリー開始のデータコート最新版。
これつくるのめっちゃ大変なので、、どうしてもあまり数がつくれず。ほぼ展示会ご予約で埋まっているため、WEBSHOPに出るのは少ないです、あらかじめご了承ください。

大阪WARPのボスからの提案と、SAYAKACHANとRESとの奇跡的タイミングで誕生したデータリュックの誕生秘話については、またマンガで描いた方がおもしろいと思うので、詳しくはまた追って描きたいと思いますが、

3月デリバリー予定のデータリュック。

前述したRESさんに制作を依頼したデータのバックパック。
先日最終段階を確認してきましたが、とても良い出来でした。早く欲しい。
子供が大人のを背負ってるくらいのビッグサイズ。

劇中のディテールをできる限り忠実に再現しつつ、ショルダー部分には低反発素材とプレートを内蔵したり、裏地を付けてノートPCホルダーを設けたり、あの雰囲気を崩すことなく、現代の最新ディテールも搭載しています。

バッグ上部についている完全パクリすぎて大丈夫か不安なタグの通り、
劇中のものは某有名アウトドアメーカー製。映画のためにつくられたオリジナル品らしく、
おそらく通常販売はされていないモノです。
この辺のエピソードも、またデリバリーのタイミングで詳しく、改めて。

つまり、今回はこれの制作が先行していて、
データコートは、リュックと一緒に欲しいという人のために、展示会で受注いただいた分だけを追加生産する予定でした。
だから正直、ディテール変更する気もなかったし、2〜3年前に発売したセカンドモデルをそのまま変更ナシで追加するだけのつもり、、、だったのですが。

時は少し戻り、昨年2017年、
東京〜大阪〜札幌を巡る展示会ツアー幕開け直前の9月上旬。

セカンドモデルをそのまま追加するだけのつもりだったので、今回はサンプルもつくらず、
東京グーニーズメンバー本多さんの私物データコートを借りて、それを会場に持っていく準備をしていました。

そんなある日、朝起きると、海外からメールが大量に届いていました。
スコットランドのエマ、フランスのジョーダンをはじめ、各国コレクターたちからでした。
メールを開くと、
「大変だ!すぐにこのサイトを見て!」
とURLが貼り付けられていました。開いてみると、そこは某海外映画プロップオークションサイトでした。

なんと、データコートの現物がオークションに出されていたんです。

僕が、はじめてグーニーズを観た10歳の頃から憧れまくり、あれから30年経ってもその想い冷めやらずの、あのコートの現物がオークションに。。震えました。

オークションのスタート価格が日本円で約150万円〜250万円くらい。

過去に、確か、、25周年のときでしょうか。 BTTF2の自動乾燥機未来ジャケットが海外オークションで落札された価格がおよそ600万円ですから、それに比べると格段に安い。
あの未来ジャケットも魅力的ですが、僕個人的には、あのジャケットよりもこのコートへの憧れの方が強い。

海外のコレクターの友人たちも「このコートは君が所有すべきだ」「MIKIが買うべきだ」というメールをくれていて、
入札ボタンに手がかかったのですが、、、

よく見てください、ワッペンが足りないんです。
まず、タイガーワッペンの下のREDSがないことに気づきました。
別角度の画像を確認すると、

肩の星条旗ワッペンもない。
そして、一番重要なWEINBERGのワッペンもないんです。
商品説明欄の解説文を読むと、「24個のワッペンが取り付けられている」と書いてある。
データコートのワッペン数は全部で27個のはず。REDS、WEINBERG、星条旗の3つのワッペンが取り外されているんです。これは一体どういうことか?

説明欄には、さらにこのような説明がありました。
「後の作品で使用するために修正され、パッチの一部が除去され、茶色の塗料がコートの下部に加えられた」

「後の作品」が何だかは不明だし、本当に使われたかどうかはわかりませんが、
どうやら、グーニーズのあと、他の映画に使われる予定があり、アメリカを象徴するような3種のワッペンが意図的に外され、コート下部に茶色い汚れが追加されたということらしい。

そしてもう一つ、重要が画像がこれ。

コートの裏側、腰部分に穴が空いています。
これはどうやら、ハーネスで吊るために開けた穴らしい。

劇中でハーネスで吊るといえば、コパーボーンに仕掛けられた罠にかかり、
データが穴に落っこちて、あの入れ歯みたいな”万能フック”で助かる、有名なシーン。
そのときハーネスで吊ったときに空けた穴です。

そしてエリ部分のタグには、マジックでこのような記載があります。

見えづらいえすが、マジックで”STUNT”とあります。スタント。
そう、つまりこのコートは、データ、キーホイクアンのものではないんです。
これは、データのスタントマン用に準備されたものであることが、このマジックの”STUNT”から判明。

そして、ある人物像が浮き上がってきます。

データ役キーホイクアンくんと仲良く一緒に写っている、背格好がそっくりなこの人物の名は、
ローラ・ダッシュ。子役スタントマンです。

前述したハーネスで吊るされるシーンや、最後のインフェルノ号から海に飛び降りるシーンなどは、キーホイクアン本人ではなく、このローラダッシュがスタントとして代役を務めているんです。
(だからハーネスのシーンも海賊船から飛び降りるシーンも、データは後ろを向いています)

ローラはこの撮影期間にキーくんととても仲良くなり、撮影の合間はずっと一緒に遊んでいたとのちに語っています。

マイキーとも仲良さそう。
関係ないけど、ローラの着ているベスト、、これ多分”アレ”ですね。
現存するこれらの写真から、キーくん以外のメンバーとも仲が良かった様子が伺えます。

劇中には登場しませんし、その存在を知る人は少ないですが、彼こそがもう一人のグーニーズメンバーであり、今回オークションに登場したこのコートを着ていた人物、その人で間違いありません。

そうこうしているうちに、オークションのコートは£7500(750万円)を超えてしまったのもあり、結局僕がローラダッシュコートを落札することはありませんでした。

それに、WEINBERG以外のワッペンは、セカンドで僕がつくったものでほぼピタリ正解。
自画自賛であれですが、700万円も出さずとも、HEADGOONIEのデータコートで十分正解レベルに達していると思います。

しかし、オークションサイトに掲載されていた大きい画像から、数々の新たなディテールを解析することができました。

右肩の「T」は、ミドリではなく青っぽいグレーだったんですね。
これは軍モノで探すとほぼ全部ミドリなので、こんな色だったとは知りませんでした。

あと下の丸い星。これは大阪のKさんからも指摘があった通り、星の角度がちょっと違う。
かなり細かい部分ですが、Kさん!ちゃんとここ直しました!

これも。ファースト、セカンドは丈夫が三角形でしたが、実際は円形の3本線であることが判明。

ローラダッシュのコートから、微調整の必要が判別したのは、以下の9種でした。

さきほどの「T」。生地の種類がまったく同じモノは無理なので、色だけでも近づけました。
(HEADGOONIEのデータコートを後染めで染まるようにワッペンの生地と糸はすべて綿を使わなくてはならない)
色はかなりズバリに近いブルーグレーのような色を出せました。

そして星の角度調整と、

これの上部を円形に修正。

これも大阪のKさんの助言から。僕がつくったファースト、セカンドのREDSには黒糸で影がついていたのですが、Kさん曰く、REDSロゴに影が着いたのは90年代以降だから、80年代だったら影はないはず。さすがです、修正しました。

これは、上部NAVY色を濃紺糸に変更し、周りのパイピング色をアーミーグリーンに修正。

このコートのワッペンの中でも一際存在感のあるアポロ。
これもファースト、セカンドは周りのパイピング色がゴールドだったんですが、オフホワイトに修正。これだけでかなり印象が変わりました。

このピーマンみたいなやつも、周りの色をゴールドに、ミドリの色味も修正。

大幅にデザイン変更になったのがNOBODY LOVES。これは全体的に結構変わりました。

そして、これ。

いまだ唯一謎のWEINBERG。ニューヨークのコレクターの証言から、セカンドでは一時刺繍ワッペンになったものの、やっぱり映像や資料を確認する限り、どうしてもプリントワッペンにしか見えない。大阪のKさんもプリントワッペン派だと言っていたし、やっぱりもう一度プリントワッペンに戻すことにしました。

デザインは、ニューヨークのコレクターの証言を基に作成したセカンドのものを使いつつ、再度プリントワッペンに修正。

以上、9種のワッペンに微調整が加えられました。
いや、案外「微」じゃないっすね。これだけ変わると結構変わるかも。

ワッペンの取り付け位置は、1つ1つ僕の手作業で型紙にマーキングしていきます。

アポロの周りが白くなって、軍モノのやつも円形になるだけでかなり印象が違う。

ちょー微調整だから誰も気づかないレベルですが、ローラダッシュのコートを基に、ワッペンの取り付け位置も微調整しました。

僕の指定したワッペン取り付けパターンは広島ネバーランド工場に持ち込まれ、

このような専用マーキングシートがつくられ、


指示通りの位置に間違いなく取り付けられるよう、1つ1つ職人の手作業で縫い付けられています。

いよいよ完成したデータコート2018最新版サードモデルは、今広島からこちらに向かっています。今週末24(土)、25(日)のショールームでお披露目できますので、興味のある方はぜひ見に来ていただけたらうれしいです。
(展示会ご予約の皆様、各地取扱店にはショールーム営業明けの来週出荷になります、お待ちください)

このまま予定通り問題なく進めば、週末にはWEBSHOPにもアップできる予定です。
続報お待ちください。

HEADGOONIE
大八木未来

https://headgoonie.com/