カテゴリー別アーカイブ: NEWS

HEADGOONIE2019A/W最新シルクスクリーンアイテムEXHIBITION開催決定!

HEADGOONIE WEBSHOP
https://www.headgoonie.com/

現在、WEBSHOPで続々とご予約開始になっている、HEADGOONIE2019AW最新シルクスクリーンアイテムの展示会が、大阪WARP、札幌NEOKAMで開催決定しました!

宝飾〜ギガトピア〜仮想現実、書家・高萩正志氏コラボシリーズ、黒DANCE他、
これから発表になる全シルクスクリーンアイテムのサンプルを展示します。

手刷りでしか出すことのできない絶妙なカスレや版ズレ、時代と逆行した古い技術を使って制作されたラインナップは他とは一味も二味も違います。ぜひ実物を体感してみて欲しいです。

会場で実物を見て触って試着し、ご予約いただくことができます。
今回、会場でご予約いただいたみなさまには、シルクスクリーンバッジ最新作をプレゼントします。今季のはデザインがすごい良い。後でSNSで見せます、ご期待ください。

大阪WARP
6/8(土) 6/9(日) 12:00〜20:00
こちらは2日間とも、僕大八木も店頭に立ち、商品説明させていただきます。

札幌NEOKAM
6/14(金) 6/15(土) 6/16(日) 12:00〜20:00
こっちは今回は僕は行けませんが、お近くの方はぜひこの機会にお立ち寄りください。

上記日程で開催します。
シルクスクリーンアイテム他、9月以降発売アイテムのサンプルも間に合えば持参予定。
その辺の状況は随時SNSにて報告します。

HEADGOONIEの全アイテムがズラリと並ぶ機会はこういう展示会の時だけですので、
ぜひこの機会にお立ち寄りいただけたら嬉しいです。
各地のみなさま、今回もサポートのほどをよろしくお願いいたします!

WEBSHOPでは引き続き最新作の発表を続けますので、ぜひ引き続きチェックしてみてください。よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

https://www.headgoonie.com/

PIRATE BANANA DENIM SHORT PANTS

PIRATES BANANA DENIM SHORT PANTS
https://www.headgoonie.com/items/5c6664f7787d8469f593869b

個人的にも待ちに待っていたバナナ繊維で作った海賊デニムショーツがついに入荷!

基本的には13ozヘビーウェイトインディゴデニムですが、その中に30%バナナから作った繊維を取り入れています。
そのためか、13ozもあるのにすごくしなやかで軽い(ヴィンテージウォッシュも活きていますが)

バナナだから、セルヴィッチが黄色いんです。かわいい。

全景を見てわかる通り、股下がちょっと長めにできています。普通にウエストではいても、
ヒザが隠れるくらい。1〜2回ロールアップして黄色いセルヴィッチを見せてはくのもシブイ。

昨日から急に暑くなった東京。
僕も早速XLを入手しました。

もともと、”PIRATE CHOICE”のテーマを決めた時に、一番最初に思いついたのがこのデニムショーツでした。
ジャマイカのビーチで現地のオッサンがビーサンに合わせてダラ〜ンとはいてそうなイメージ。

この令和とは思えないSNOOPがはいてそうな昭和90sシルエットで流行に真っ向から逆行。
僕はそれをさらに腰、いや尻バキしてダラリとはくのにハマってます。
海戦アロハ、ラスタベルトとの相性は完璧すぎます。

シルエットにもコダワリましたが、
デニムショーツって、普通に構築していくだけではディテールがシンプルすぎて
色気がちょっと足りなくなってしまう。
はく人を飽きさせないためにも、細部のディテールにもコダワリ抜きました。


コインポケットの海賊刺繍がポイント。
ウエストがゴム仕様なのがとにかくラク。
サイフやケータイをポーチに入れてズリ落ちないようにして、ベルトレスのラクチンさを味わうのも楽しいです。


オリジナルタックボタンとリベットは大戦期仕様で真鍮ではなく亜鉛合金を採用し、上からマットブラックで塗装しています。削れてハゲてくるとめちゃくちゃシブイです。

ウエストのレザーパッチはウォッシャブルタイプのホースレザーを採用。1枚1枚もちろんシルクスクリーンハンドプリント。滲みやズレも手作りだからこその味です。
使い込むうちに素晴らしい風合いに育ちます。

スレキ(ポケット布)にもシルクスクリーンプリントが施されています。これらも全部用賀スタジオでのハンドプリント製。加工によるカスレ感がたまりません。

全体をグっとPOPに演出してくれるBIGサイズのベルトループや、
大きなサイフも収納できるようバックポケットは普通よりもかなり大きめにできています。

この後リリースされるキューバシャツ(6月に遅れました、すみません、お待ちください)との相性も完璧です。

一度足を通したらその快適さが病みつきになること受合です。
5月はヒッコリー、海戦ショーツなどどれも甲乙つけ難いパンツリリースが続きましたが、
僕個人的にはこのバナナデニムが一番オススメです。ぜひ実物を体感してみて欲しいです。

WEBSHOPにて販売開始しました。すぐに出荷できます。
各地取扱店には、来週前半には入荷すると思います。
ぜひチェックしてみてください。よろしくお願いいたします!

HEADGOONIE
大八木未来

https://www.headgoonie.com/

HEADGOONIE2019AW最新シルクスクリーンアイテム続々ご予約開始!

HEADGOONIE WEBSHOP
https://www.headgoonie.com/

衝撃の”ギガトピア”を皮切りに、
HEADGOONIE2019AW最新シルクスクリーンラインのご予約がWEBSHOP&各地取扱店にて開始されています!
早速続々とご予約いただきありがとうございます!
デリバリーは7〜8月頃とアバウトですが、モノが溢れるこんな時代だからこそ、
あえて古い製版方法で、水性インクを使い1枚1枚ハンドプリントしてお届けします。

今季も引き続き、ミスヤングチャンピオンの佐藤望美ちゃんにモデルをしていただきました。



銅から作った特殊なグリッター(GOLD)インクを採用した特殊プリント。
この精密なグラフィックはもちろん、tutojiくんの技術をお借りしました。

”ギガトピア”も、基本的構図は最初に僕が描き、崇山先生と何時間もミーティングして仕上げていく作業だし、この”宝飾”も、僕のラフに沿ってtutojiくんがアレンジしていくという、
基本的には僕50%、作家さん50%の共同作業で創っています。

ギガトピアも宝飾も細部言いたいことはヤマほどあるので後述できたらと思っていますが、
唯一、僕が何のラフも出さず細かい指示もせず、100%作家さん任せで進行したのが、
この”仮想現実”。




僕からは、”仮想現実”というテーマだけで、あとは100%作家さんに任せたという
HEADGOONIEでは珍しい作品。

前作”タイクツ”もそうでしたが、こういう何が何やらわからない、不確実で不安定なものって
とても惹かれるし、
この絶妙な不確実さ、不安定さに着地することって普通はできない。
とても素晴らしいデザインに仕上がったと思います。

引き続き、5月いっぱいかけて2019AW最新シルクスクリーンラインナップ発表を続けます。

あ!6月8、9日で大阪ワープでサンプル展示会をやらせてもらえることになりました!
(僕も店頭に立ちます)
お近くの方はぜひ実物に触れてみてください。詳しくはまた追って。

引き続き発表を続けます、
ぜひチェックしてみてください。よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

https://www.headgoonie.com/

19SS海賊コレクション目玉中の目玉、”海戦”アロハシャツ&ショーツが入荷しました!


PIRATES ISLAND ALOHA SHIRTS
https://www.headgoonie.com/items/5c6fddcf3b6365763ea830db



PIRATES ISLAND ALOHA SHORTS
https://www.headgoonie.com/items/5c6fdf9c3b63656db7a8324d

さらに詳しく掘り下げたブログはこちらから。
http://headgooniebookstore.jp/blog/piratechoice_news10/

着用例など。
http://headgooniebookstore.jp/blog/piratechoice_news9/

シルクスクリーン12版構成。
MADEin京都で創り上げた快心の一撃。



せっかくなので最後まで妥協せず。
フロント前合わせも、ポケットも全て柄合わせしました。
柄合わせすると、用尺(1着作るのに必要な生地数)がめちゃくちゃかかるので、大損するのですが、ここはやはりお金と手間をかけてでも、良いものを創るべきだと判断しました。

<5/31加筆訂正>
、、、、の、予定でしたが、、
量産をやってみたら、海賊船のケツをピッタリ寸分のズレもなく前合わせで量産すると、
予定していたよりかなり使う生地量をオーバーしてしまうことが判明。
苦肉の策ですが、前身頃を約5cmくらいズラすことによって改善できました。
その代わり、前身頃をピタリ合わせることはできませんでしたが、
最終的に以下のような並びに着地できました。

つまりズラした分、5cmほど左前身ごろの海賊船のケツ部分が消えてしまったけど、まあ仕方ない。幽霊船のポケット部分もあっているし、許容範囲と判断しました。

僕のなんてサンプルなんで、前身頃に海賊船2隻、背中に1隻ある感じなんですが、
着ていると別に全然気になりません。
しかし、バナナデニムショーツとの相性が良すぎる、、。この夏はこのスタイルで確定です。

(以上5/31加筆訂正)


ボタンは全てココナッツボタンを採用。


ショーツもシブイ。
海パンじゃなく、レーヨン素材のアロハショーツって初めてかもしれない。
快適さ、尋常じゃないです。一度はいたら病みつきになります。

用賀ショールームにも全サイズ入荷しています。
毎週土日はレギュラーでオープンしていますので、ぜひ実物をお試しください。
各地取扱店にも今週中には入荷予定です。

用賀ショールームには、僕が今個人的にハマってて、一人でコツコツ作っている
アメリカ製のウエアが続々入荷中。
CAMBER裏サーマルのパーカーなんて、まさに今の気分にピッタリ。
これらは今年の夏BOXでも登場します、ご期待ください。

HEADGOONIE
大八木未来

https://www.headgoonie.com/

HEADGOONIE19AWコレクションシルクスクリーンアイテムご予約開始間近!

大八木です。
最近ブログもあまり書けずすみません、、、

説明したいことはたくさんあるので、今月からはマメに更新できるよう心がけます。

SNSで告知している通り、早いもので、HEADGOONIE2019AWコレクションの
第1弾、シルクスクリーンアイテムのご予約が間も無く開始されます。

上の画像でお分かりの通り、発表第1弾は、昨年『恐怖の口が目女』で一世を風靡した、
崇山祟先生に制作を依頼しました。

日吉のドトールで2人で3時間くらい話し合い創り上げたHEADGOONIEの世界観を崇山先生にMIXしてもらい、まったく新しい”ギガトピア”なるコンセプトを、このTシャツのために創りました。

A3版x2枚分の超特大班を使って、クルーネック、ロンT、Tシャツに展開します。

ところで皆さん、最近Tシャツって買いますか?
Tシャツっていうか、シルクスクリーンを使ったパーカーやトレーナーも。
僕はTシャツ大好きですから、他ブランドやバンドTとか、好きなTがあれば
昔は片っ端から買ってたんですが、
クローゼットの中にまだ1度も袖を通してないものがたくさん眠っています。
まあコレクションでもあるので着なくてもいいんですが、
最近はめっきり買わなくなってしまいました。

何でだろう? 選択肢が増えすぎて追いきれないのもありますが、
これだけ世の中にTシャツが溢れている今、
わざわざ高いお金を出してTシャツを買う意味って何だろう。

こちらもチラっとSNSで公開している”宝飾”GOONIE。

シルクスクリーン6色と、銅粉を混ぜた特殊なグリッター(GOLD)インクを採用して、
美しい宝飾を表現しています。

今季、2019AWのテーマは引き続き”PIRATECHOICE”です。

各デザインの攻撃力にも力を入れていますが、前述した通り、
例えば、A3以内に収めずに特大スクリーンを使ったり、通常のプリントテーブルの幅をオーバーするバックプリントだったり、
この宝飾のように特殊なインクと多版で組み重ねたり。
クオリティーの高いデザイン+あと一手間〜ふた手間のギミックを加えること。
(そしてもちろん1枚1枚ハンドプリントしていること)

これらの要素が揃ってこそ、モノが溢れる世の中、お金を出して入手し、
着用する”意味”があると思います。
寒さを凌いだり、汗を吸収するためだけの衣類ではなく、ファッションとしての衣類ですから、
他よりどこかで一手間、ふた手間かかっている。
今季はそんなアイテム作りを心掛けています。

僕のように、Tシャツもういっぱいあるし、最近買ってないな〜って人でも
ついつい手を出してしまう。そんなラインナップが揃ったと自負しております。

多版すぎたり絵が細かくて、長期スクリーンをキープしておくことができないため、
19SS同様、半年もせずに販売終了するかもしれません。

前季同様、若い世代でも手に取りやすい価格に改定しました。
(各作家さんへのギャラのためにも)皆さまぜひ事前ご予約をいただけると
本当〜に嬉しいです。

まもなく(多分水曜〜木曜)WEBSHOP&取扱店にてご予約開始になります。
全貌公開まであとわずか。ご期待ください。

HEADGOONIE
大八木未来

https://www.headgoonie.com/