カテゴリー別アーカイブ: 商品説明

靴下のお話。はいてるだけでさまざまな効果を得れるSUMISEN®ソックスが販売開始になりました。

blog143

SUMISEN® SOX(パイルタイプ)
http://headgoonie.com/items/589da38ca458c06850000c5b

SUMISEN® SOX(アンクルタイプ)
http://headgoonie.com/items/589da4dd41f8e896bc000fb2

まず、アンクルタイプが、アップして速攻で完売してしまい、、本当にすみませんでした。
それなりにストックは持ったつもりだったのですが、まさかここまでたくさんご注文をいただけるとは想定外でした。ありがとうございます。

あまりに早すぎたのですぐに追加生産をかけましたが、今からだと最短で3月末〜4月上旬頃の入荷になりそうです。すみません、お待ちください。

blog144
blog147

パイルタイプ、拡大するとこんな感じ。
見た目は完全にタオルです。

伸縮させるために必須なナイロンとポリウレタンを除くと、綿が60%に対して、
炭繊維が20%も入っています。これはなかなかの高混入率。
つまり見た目のこのグレーは、炭の色ということです。

blog36

HEADGOONIEの今季のテーマは”炭”です。

炭には燃料という一面とは別に、食べ物を美味しくしたり、空気や水を浄化するなど、不思議な力が宿っています。

blog62

ペルー産の高価なピマコットンを、特殊な高温処理で炭素化させてつくった炭繊維。
”炭”ですから、画像のようにライターの火で炙ったくらいでは燃焼せず、まるでBBQのときの木炭のごとく赤く光ります。この繊維が正真正銘”炭”であることの証です。

この炭繊維と綿繊維を丹念に撚り、1本の糸を作成し、その糸で編み立てたのが、SUMISEN®です。

SUMISEN®には炭の不思議な力が宿っていて、はくだけで消臭・抗菌、遠赤外線効果などなど、さまざまな効果を得ることができます。

blog148

消臭・抗菌、遠赤外線効果があるのであれば、それを靴下に使うのは最適な使用方法です。

足の臭いの原因であるイソ吉草酸の消臭率が90%以上というテスト結果も出ているようで、
長時間ブーツをはくとき、雨の日で湿ってしまったときのあのイヤなニオイを90%以上も消してくれるのであれば、こんな良いことはありません。

人工透析をしている方にはいてもらって経過をみたところ、悩んでいた足のむくみがみるみるうちに回復したという実例もあるそうです。

前のブログにも書きましたが、まあそういう謳い文句がたくさんあり、高性能なスーパー靴下なことは間違いないのは前置きとして、
僕が注目してほしいのは、とにかくそのはき心地です。

靴下って、正直インディーブランドが出しているので良いものがあまりなくて、あんまりデパートなんかで買いたかないんですが、靴下だけは仕方なく近所の高島屋で大手ブランドの霜降りのものを買ってました。
これも最初はいいんですが、半年もはいていると生地目が詰まってきて、ガチガチになって足を通すのもキツくなってしまい、だいたい1年くらいで寿命。買い替えでした。

このSUMISEN®SOXをリリースするにあたり、僕は去年1年間、テストのつもりでパイル2足、アンクル2足を買って日々の靴下ルーティーンに取り入れて着用テストしてみました。

日々はいていくうちにどんどん生地目が詰まって硬くなっていく大手メーカーの霜降りに比べ、
このSUMISEN靴下は劣化速度が格段に遅いんです。
多少の劣化はあるものの、何週間、何ヶ月はいてもそのフワフワでやわらかいはき心地が変わらない。
とにかくそのはき心地が格段に違いすぎて、気がつくと靴下ルーティーンでSUMISEN®の登場を待っている僕がいました。

そして1年経った今、結局僕の所有靴下はSUMISEN®に全替えという結果になりました。

1回目、足を通したとき、確かにそのフワフワさに感動すると思います。1回目でその違いは一目瞭然。
でも僕はこのSUMISEN®SOXの一番すごいところはその継続力だと思います。
衣類の中で最も劣化しやすい靴下で、このやわらかさ、はき心地を何ヶ月もキープするってことがすごい。
正直僕も最初は、2000円以上はちょっと高すぎるなと思ったんですが、
1年でダメになる1500円の靴下2足買うより断然お得だと思います。

僕はあまりブーツをはくこともなく、長時間靴をはき続けることもあまりないので、正直消臭・抗菌や遠赤外線効果が出ているのかまではちょっとわからなかったんですが、
こういう効果があるってことが事前に頭にあると、何だかはいているだけで健康にいい気がしてきて、疲れている休みの日にルームソックスにしたり、寝るときにはいていると足を疲れが癒されているような、、そんな感覚ではくこともあります。

これ、今朝の写真。

IMG_6714

足裏の”HEADGOONIE”の転写プリント。
まあ、こういうのって飾りですから、他社のものも数回着用でキレイサッパリ消えてしまう。
うちの転写も2〜3回で消えるかな? と思ったんですが、これ今日で4回目。まだキレイに残っています。
僕もテスト続けてみますが、他社製のものよりは長持ちしそうです。

というわけで、アンクルはすみません、、春先までお待ちください。

パイルはまだストックがありますので、一度だまされたと思って、とりあえずパイルタイプを1足試してみてください。
そしてみなさんの日々の靴下ルーティーンに加えてみて、1ヶ月、2ヶ月はき回してみてください。きっとそのうち、SUMISEN®SOXが洗い上がってくるのを待っているアナタがいるはずです。

WEBSHOPにて大好評発売中です。
2017SS新作もまだまだ続々と登場しますので、何かのついでにでもぜひ1足、お試しください。

HEADGOONIE
大八木未来

http://headgoonie.com/

SUMI TENCEL WIDE SHIRTS

blog75

SUMI TENCEL WIDE SHIRTS
http://headgoonie.com/items/589301a010031561b8000e00

blog64

blog36

今季のテーマ、”炭”で染色したテンセルワイドシャツ、WEBSHOPにて販売が開始されました。

ここ数年ずーっと青い(藍染)のばっかりつくってたんで、HEADGOONIEから黒シャツってなんだか新鮮です。

炭による素晴らしい染色も最高なんですが、まず注目したいのは、この”テンセル”という素材です。

blog67

テンセルの原料は、これ。ユーカリです。コアラが好きな、あれです。

ユーカリは非常に成長が早く、たった7年で伐採できるまで大きく成長し、灌漑も農薬も必要とせず、限界農地にも生育することができる強い樹木なので、食材のための農地を奪うことなく植林が可能です。

blog68
このユーカリの木質パルプを溶かし濾過したあと、パルプの不純物を取り除き、セルロースを取り出したのがテンセル繊維です。
使用溶剤はシャンプーなどにも使われる人体に対して安全なもので、100%回収し再利用されています。

blog74

画像は、繊維を顕微鏡で拡大したものです。左が綿で、右がテンセル。

テンセルの方が、なんだか丸っこくてツルっとしています。

テンセルの表面は(綿と比べて)驚くほどなめらかで、この繊維表面が、デリケートな肌を持つ子供や肌の弱い人にも優しい柔らかな肌触りを生みます。 またテンセルは、繊維を構成する極微空間が湿度の吸収と放出を制限するため、非常に優れたモイスチャーコントロール能力を持っています。 綿に比べると、人間の肌に対するモイスチャーマネジメント(湿度管理性能)が50%以上優れているという科学的測定結果が出ています。

ただ、デメリットが一つ。
このツルっと繊維が逆効果を生み、テンセル100%では、生地の表面がピカピカに光ってしまい、なんだかオバチャン服みたいな印象になってしまうんです。

そこで今季HEADGOONIEでは、このスーパー天然繊維”テンセル”を縦糸に使用し、
横糸には麻(リネン)を採用。もう一つのナチュラル素材”麻”を混紡することにより、テンセルの良さを残しながら、唯一のデメリットである光沢を抑えることに成功。

blog69

生地は、広島県の某繊維工場で編み立てていただきました。
TOYOTA JAT810という最新織り機を使用。 この機械は空気で縦糸を飛ばすエアー織り機ですが、糸にかかる空気圧が少なく、素材を優しく扱いながら織り上げることができます。

こうして、100%天然素材を使用し、日本国内で織り上げた、地球に優しい生地、
HEADGOONIEオリジナルテンセルが誕生しました。

今季、このテンセル素材を採用し、オーバーサイズでザックリと着こなすワイドシャツに仕立て上げました。
blog75

着用モデルは、身長175cm/65kgでMサイズを着用しています。

アメカジベースをダボっと着るのではなく、最初からオーバーサイズで着こなす目的でつくられている、チェコ、スウェーデンのグランパシャツや、 1920~30sのドレスシャツ等をパターンメイキングの基本にすることにより、30代以上の年齢でもオーバーサイズを違和感なく、アーティスティックに 着こなすことができます。

blog71

裾まわりは、1920〜1930sあたりのフレンチドレスシャツのような深いスリットを入れました。 後ろ身頃の方が約3cmほど長め。

blog72

重なって下側に来る前身頃側に今季の新メッセージタグ付き。動きによってチラリの見え隠れするのが粋です。タグも炭で染まっているのがいい感じ。

blog73

左ムネポケットは通常通りですが、右ムネポケットは内ポケットタイプになっていて、外側からはアタリしか見えないようになっています。
加工によってある程度アタリを出した状態でお届けしますが、着込むうちにだんだんアタリ部分が浮き上がってきて、どんどん良い味を醸し出すシカケになっています。

襟はイタリアンシャツ等を参考にした約25mmの小さめの襟を設定。 スッキリとした襟まわりがシャツ全体をさらに上品に仕上げてくれています。

blog65

身幅・肩幅をガバっとワイドにとってあるため、バックのタックはカットしスッキリシンプルな仕上がりになっています。 肩幅も広めに設定しているので、ガバっとオーバーサイズではおると背中のヨークラインが湾曲し、美しいラインを演出してくれます。

blog70

ボタンは、とても存在感のある4mm厚ボタンを採用。側面にHEADGOONIEの刻印が施されています。

昨日、大地くんがブログにあげてくれた着用例も、すごく良いですね。

IMG_8358

炭パーカーとの合わせ技は完璧。炭パーカーのデカいフードの上から2サイズくらい大きいオーバーサイズをガバっとはおれば、ジェダイな気分になれます。

IMG_8405

もちろん、SUMISEN® WIDE Teeとの相性は抜群です。
炭が織り成すさまざまな効果を得られながら、素材が醸し出す快適すぎる肌触りと着心地で、超快適な春夏を過ごせることでしょう。
シンプルなコーディネートの中にスカルキーペンダントが光りますね。

IMG_8406

ほんと最近ずっと藍染ばかりだったので、、黒いHEADGOONIE、僕も非常に新鮮です。

炭染を施したあと、最後にさまざまな加工を施し、ヴィンテージのような美しい風合いに仕上げます。

blog264

まず、ソーピングウォッシュという、生地表面の糊やゴミを落とす加工をかけています。
この加工により縮率を出しているため、このあとご家庭のお洗濯で大幅な縮みが出ることはありません。

最後に、バイオ・ストーン加工を施し、縫製部分にアタリを出し、全体をヴィンテージウエアのような美しい風合いに仕上げます。
ストーンは、あえて角が丸くなったストーンを使います。丸っこいストーンで洗うことにより、生地を痛めることなく、ストーンウォッシュの風合いを出すことができるんです。

FIX(色止め)剤もかけていますので、これ以上の大幅な色落ちはありませんが、一応、染製品ですので、雨や汗により多少の色移りがある可能性はあります。
色の薄いものと一緒に洗うこともお避けください。

着込めば着込むほど、さらに生地と染料が馴染み、所有者様それぞれの唯一無二の風合いに育っていきます。
天然素材・天然染料が織り成す経年変化も楽しんでもらえたらうれしいです。

生地の編み立てから縫製、染色に至るすべての製作工程を日本国内で行ったメイドインジャパン製品です。

WEBSHOPにて販売開始いたしました。
よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

http://headgoonie.com/

藍染炭染リバースウィーブのサイドリブはちょっと普通と違う。

blog42

藍染炭染リバースウィーブ仕様 クルーネックスウェット
http://headgoonie.com/items/588325c3c3b8df9205009351

blog30

藍染炭染リバースウィーブ仕様 HOODIEスウェット
http://headgoonie.com/items/5883248700d33112a30096f0

もうジャケット買うには遅いし、Tシャツ買うにはちょっと早い微妙な時期、今入手しておくにはベストタイミングなクルーネック&HOODIE、大好評WEBSHOPにて発売中です。

クルーネックにサイズ欠け出てきてしまっていますが、、HOODIEはギリギリまだ全サイズ残っています。

一つ、お伝えし忘れたディテールが。

IMG_6534

通称サイドパネルと呼ばれる、身頃の両サイドにほどこされたリブ部分。
かなり伸縮性の強い特殊なリブを採用しているので、めちゃくちゃ伸びます。

HEADGOONIEの秋冬の定番ヘビーウェイトのサイドパネルと比べると、約倍近く伸びます。
ここまでしなやかなリブを採用したことにより、腕の上げ下げや体の動きをサポートしてくれて、ちょっと普通じゃない快適さを創り出すことができています。

肩幅や身幅を若干絞っているため、着ると一度ピシっと体にフィットするのですが、
この部分が伸び縮みしてくれて、日常生活の動作を徹底サポート。”サイドパネル”の醍醐味を存分に味わえるシカケになっています。

blog39

袖口にほどこされたT字型リブも同じく、腕の動きをサポート。袖捲りしたときの窮屈さも劇的に解消してくれます。

僕は正直最初はクルーネックのが断然好きで、まあ、クルーネックだけ買えばいいかな、、とか思ってたんですが、
せっかくなんで炭染パーカー1個押さえておこうかと思ってたら、ラスイチになってしまったので、(そこは一応お客様優先ということで)藍染パーカーXLを入手。

そしたら、、パーカーの方にはまってしまいました、、。

IMG_6517

まだ1枚では寒いので、上にパイルウエスタンをはおっています。この合わせが気に入って今週ずっとこのカッコ。

パイルウエスタン、カタチがシャツ型なだけでこれほとんどアウターですから、電車移動ならこれだけで十分寒くない。この2つの相性完璧です。

blog41

このパーカー、フードが普通より大きめなところがシブイんです。フードかぶるとジェダイな気分になれます。
フードおろしていても、大きめで存在感があるので、シンプルなコーディネートの中でとても良いアクセントになります。

シンプルで洗練された全体の中にちりばめられた、着る人をグっとこさせる”シカケ”が、着ているうちにだんだん効いてきて手放せなくなるはずです。

WEBSHOPにて引き続き発売中。ぜひ入手していただきたい一品です。
よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

http://headgoonie.com/

ELLEPHANT HOODIE SWEAT&LONGSLEEVE Tee

blog14

blog15

ELLEPHANT HOODIE SWEAT
http://headgoonie.com/items/588d690b41f8e8bb59011930

blog21

ELLEPHANT LONGSLEEVE T-shirts
http://headgoonie.com/items/588d6a7900d331a9e80122eb

blog19

耳で空を飛びそうな象が、シルクスクリーン5版構成でプリントされた、ライトウェイトパーカー&ロンTの販売がWEBSHOPにて開始されました。

blog20
blog17

袖口のゾウワッペンがかわいい。
いつものリブにかませたHEADGOONIE赤タグと合わせて、全体をグっと締めるポイントになっています。

blog15

パーカーはヘビーウェイト仕様ではなく、10.0ozのライトウェイト。
直接肌に触れる裏側が、パイル(タオル生地)になっていて、とても肌触りが良いです。

blog21
blog22
blog24
blog26

ロンTは5.6ozヘビーウェイト仕様。

パーカー&ロンTともに、春先〜夏〜秋口にかけて着回せ、これからの季節に最適です。

札幌A.doreにはすでに全サイズ入荷中。ブログでスタッフのみなさんがとてもかわいく着こなしてくれています。ぜひ見てみてください。
http://www.adore-snowcity.com/catalog/blog.php?mode=post&id=2684&page=0

追って、大阪WARPには別注カラー”ホワイト”が入荷予定。たぶん、今週末〜来週頭くらいの予定です。また入荷し次第お知らせします。

HEADGOONIE
大八木未来

http://headgoonie.com/

SUMISEN® SUPER WIDE T-shirts

blog54
SUMISEN® SUPER WIDE T-shirts
http://headgoonie.com/items/588b1aab9821ccc25c006cfb

blog61

一見、普通のミックスグレーに見えますが、
このTシャツの霜降り部分、なんと”炭”で出来ているんです。
(いわゆる普通のミックスグレーのTシャツの霜降りは、ポリエステルで出来ています)

綿花は世界中で生産されていますが、世界生産量たったの5%という、非常に貴重なことで有名な
「ピマコットン」を取り寄せ、それを特殊な方法で高温で炭素化させます。

その炭化された糸に火をつけてみると、、

blog62

まるでバーベキューのときの木炭のように、赤く光るんです。
ただの綿糸にこんなことしたら一瞬で燃え尽きてしまいますが、これはライターの火で炙るくらいでは燃焼しません。この素材が正真正銘「炭」であることの証明です。

この炭化した糸と、綿糸を丹念に1本の糸に撚り、その糸を使って編み立てたのが、
通称「SUMISEN®」(スミセン)と呼ばれる特殊素材です。

HEADGOONIEの今季のテーマが「炭」であることは前のブログでもご紹介しましたが、
炭には食べ物を美味しくしたり、消臭・抗菌、遠赤外線効果など、さまざまな不思議な力が宿っています。

SUMISEN®は、この炭混紡繊維を約13%織り込むことにより、
遠赤外線効果、抗菌効果、消臭効果など、着るだけでさまざまな効果を得ることができる、なんとも不思議な素材なんです。

それとは別に、吸水性・接触冷温感にも非常に優れていて、伸縮性も強く、
とにかくその着心地、肌触りは超最高。
この生地感、一度味わってしまったら、普通のTシャツを着ることができなくなってしまうくらいの着心地を保証します。
僕も一足先に愛用されてもらってますが、もう病み付きです、、。

このカットソーは大阪堀江にある老舗繊維会社とタッグを組んで開発しました。
このSUMISEN®という特殊素材についての動画がYOUTUBEにアップされていますので、
ぜひご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=syDDckFib9c

今季、この特殊素材SUMISEN®を使用し、スーパーワイドシルエットのカットソーをつくりました。

blog57
blog56

平置きするとこのくらいの超ワイドシルエット。

身幅・肩幅はこれでもか!ってほどの余裕がありますので、サイズ選びは着丈でチョイスすれば良いと思います。

着用例。

blog55

着用女性モデルは、身長158cmですがXLを着用しています。

女の子がこのくらい超ダルダルに着てもすごくかわいい。

下にはいているパンツは、これからリリースされるスーパーワイドパンツです。このパンツとの相性が完璧。もちろん他のHEADGOONIE 2017SSアイテムとの相性もバツグンです。

シャツのインナーにしたり、重ね着に使ったり、もちろん1枚でラク〜に着ても、
これからの季節めちゃくちゃ大活躍してくれます。

もうちょっと暖かくなったら、ヒジが隠れちゃうくらいガバっと大きめを着て、1枚でフラリと出かけてみてください。その着心地にやられてしまうこと、保証します。

細部ディテール紹介。

blog58

襟部分は、藍染・炭染クルーネック同様、2本のバインダーを重ねて縫製するダブルバインダー仕様。

blog59
blog60

このカットソーはさらに、襟だけではなく両袖口にもダブルバインダーを採用。
凝ったディテールがシンプルなデザインの中で光り着る人を飽きさせないだけではなく、
非常に伸縮性が強くしなやかなこの素材の伸び・型崩れを防いでくれる効果があります。

縫製はカットソー生産の聖地、東京江戸川。
日本で企画・生産された素材を使用し、日本国内で縫製した、正真正銘メイドインジャパン製品です。

とまあ、いろんなウンチクがあるんですが、それはさておき、一度袖を通せば誰もがその違いに一瞬で気付くはずです。とにかくこの最高すぎる着心地、ぜひ体感していただきたいです。

WEBSHOPにて販売開始。入荷していますので、すぐに出荷できます。
サイジングや素材感が気になる方は、用賀ショールームでぜひ実物をご試着ください。
よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

http://headgoonie.com/