カテゴリー別アーカイブ: 商品説明

ついに全貌公開!”海戦”柄アロハシャツ&ショーツご予約スタート!


PIRATES ISLAND ALOHA SHIRTS
https://headgoonie.com/items/5c6fddcf3b6365763ea830db


PIRATES ISLAND ALOHA SHORT PANTS
https://headgoonie.com/items/5c6fdf9c3b63656db7a8324d

ご予約開始と同時についに全貌公開。

結局最後まで正式名称を考えないで来てしまい、その間、染工場さんとのやり取りは”海戦柄”と呼んでいたことから、展示会の時は”海戦”を直訳してバトルオブなんたらって長ったらしく名前をつけましたが、
もうこのアロハは名前がどうこう言うレベルのアレではないので、そのままシンプルに”海賊島”
PIRATES ISLAND ALOHAと名付直しました。

これ以前、縫製前の途方もない生地作りはこちらのブログにまとめてありますのでぜひご覧ください。
http://headgooniebookstore.jp/blog/piratechoice_news8/

まずはシャツから。
背中で見るとこの”海戦柄”がどんな図案なのか、全体図が把握できる。

肩のあたりの海賊マーケットから、その下の”近海の主”と、
死闘を繰り広げる、海賊黒ひげの一団 vs イギリス海軍。
そのマストの上では、、

親玉・黒ひげ を迎え撃つピーターパンとティンカーベル!

北欧海賊ヴァイキングもこの海戦に参戦!

そしてこれが僕の、、いや人類の夢。
仲間たちと自給自足で暮らす無人島のツリーハウスの上でノンビ〜リ過ごすなんて最高すぎる。

そういやいつものワルガキ6人組もこの島にコッソリ忍び込んでいたり、
細かいとこまで見てたら一日かかるほどなんですがその辺は届いてからジックリ見てもらうとして、
せっかくそんなとこまで細かく書き込んだのならば、ちゃんと全部の柄を見てもらいたい。

しかし、柄をうまく組み合わせるということが非常に大変なんです。
もしも、工場に縫製をお願いする際、何の指示もしなかった場合、裁断時特にランダムに裁断されてしまう可能性が高い。っていうか何も指示をしなければ確実にそうなる。

ランダムに裁断されてしまうとどういう不具合が起きるかというと、
縫いあがってみた時、1着目はムネに海賊船があるけど、2着目は裾に海賊船がある、
3着目はそもそも海賊船がなかったり、4着目は3隻の海賊船に囲まれる。。ということが起きてしまう可能性が高い。っていうか何も指示をしなければ絶対そうなる。

なのでつまり、こんな感じで裁断指示をする必要がある。

このように、だいたいどの柄がどこに来るか。
これを指示しておかないと、せっかくの柄がしっちゃかめっちゃかになってしまう。

この写真が僕が最初に出した柄合わせ案。
背中・肩のあたりにマーケットを設置すると、裾あたりに無人島が来て、ちょうど背中一面で全体図になる。

前回のブログの原画を思い出してみてください。

こちらが水彩原画。
横幅約60cm、縦約85cmくらい。そう、つまり最初の原画の時点から、”人間の背中の大きさ”(だいたいXLを基準に)を想定した原寸サイズで描いていたんです。

だから背中は問題ない、そのまま設定するとちょうどいい感じに背中全体に柄が広がる。
さて問題は前身頃。

向かって左は指定があるのでいいとして、このまま向かって右側を指定しないまま縫製すると、
前述した通り、海賊船が2隻並ぶ、もしくは海賊船の真横に無人島が来てワチャっとしてしまう可能性が高い。

それを回避する、つまり(袖以外)全パーツ完全柄合わせすると、こうなる。

この幽霊船のとこ、ポケットあるんですよ!ここもピッタリ柄合わせ!


前中心も柄合わせ。
袖はまあいいとして、これでほぼ100%柄合わせ。

これがどのくらいスゴイ事かというと、
普通、このくらいの半袖アロハシャツを1着縫う場合、だいたい1着あたり1.7mくらいの生地がかかります。
チャンクアロハやPIRATECHOICEアロハが京都産手捺染生地なのに20000円という破格で販売できているのは、柄合わせがないため。あれらはだいたい1着あたり1.7mちょいくらいで作ることができているからあの価格で出せるのです。

この京都手捺染生地ってのが非常に高い。手間暇がかかるのはわかるけど、高い。
でも目指すは100年200年遺るアロハシャツ。ここは手間とお金をケチって最新技術に頼るわけにはいかない。天然繊維レーヨンにシルクスクリーン手捺染で創ることに意義がある。
だからこそ遥かなる時を経てもその価値を下げずに永遠に遺すことができる。

そしてこの”海戦”アロハシャツはというと、、1着あたり何と約3.5m!
チャンクアロハの約2倍。つまり普通のアロハシャツ2着つくるだけの生地が必要なんです。

先に書いたように全く柄合わせしなければ、チャンクや他のアロハ同様2万円前後で販売できたのですが、周りの意見を含め1ヶ月くらい熟考した結果、
ここはやっぱり、販売価格が3万円になっても柄合わせする方向で結果が出ました。
LINEでババーっと送った友人関係の答えも満場一致で”合わせアリ”だったし、
危ない、ここまでやっておいて、販売価格数千円ケチるために最後の最後で妥協するとこでした。

価格三万円と高価なアロハになりましたが、これまで長々と語ってきたように、
それだけの価値は十分にあると自負しております。

そしてショーツも同時にご予約開始。




ショーツに関しては、だいたい右足あたりの島が、左足あたりに海賊船が来るようにだけ指定してあとはランダム。シャツと違いこのくらい指定しておけばだいたいの柄はカバーできる。だからこそできた価格二万円です。


バックポケット上にハワイアンタグ。内側には今季19SS PIRATECHOICEタグが付きます。

着用例。

セットアップもいいんですけど、僕はどちらかというとトップスをシンプルにしたい派。
キューバシャツの白との相性なんて完璧すぎる。

単品で見るとハデに見えますが、真夏のビーチのアロハパンツなんてこのくらいがちょうどいい。
ウエストゴムだし、ベルトもしないでビーサンでサラリとはきたい。

こういうショーツをはくときは、ポケットにはできるだけ何も入れたくない。

そのために開発したと言っても過言ではないのがこちら、ハワイアンポーチバッグ
去年から流行ってるカタチですが小さくて実用性がないので大きくしました。
だったら7インチサイズなんて、オシャレじゃないか。

というわけでざっと柄合わせなどについてでした。
そういうわけで、1着に3m以上もかかったら大した数をつくれないと思うので、
デリバリーは5月ですが事前ご予約を開始しました。
僕も事前数がある程度知れると非常にやりやすいので、できれば事前ご予約をご利用いただけたら助かります。
よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

https://headgoonie.com

JETLINKxHEADGOONIEコラボ監督DANCE Tシャツ

HEADGOONIE x JETLINK DIRECTOR DANCE T-shirts
https://headgoonie.com/items/5c3dfb382a286230cdd1f64b

今でも覚えてますが、多分今から15年くらい前、代官山のカリフォルニアストリートから駅に向かうカーブのあたりで、SEDSのDANCEの構図をマーティーとエリックストルツにするのを思いついた。
確か、、その時忘れたけど誰かと一緒にいて、今こんなアイデア思い付いたけどどうかな? と話したら、う〜んいいと思うけどちょっとマニアック過ぎない? と言われ、そうか〜と思って一旦断念。
でも半年後くらい、やっぱりいけるかも。と思い直し、デザイナーのマツオカヒロミさんに依頼。
僕はてっきりイラストで上がってくると思っていたらまさかの写真コラージュですごいデザイン。
データを開いた時「うわっ!」と声を出してしまったのを今でも覚えています。

ちょっと話は逸れますが、
HEADGOONIE(前身EmmettBrown)は2001年からやっています。だから早いものでもうすぐ20周年。古い話や初期に作ったTシャツについてなどは昔作ったTシャツマガジン3にまとめてあります。まだ読んだことない方は何かのついでにぜひ1冊。

HEADGOONIE T-SHIRTS MAGAZINE vol.03
https://headgoonie.com/items/54732f8c3cd4826eae000d31

マーティーとエリックのDANCE構図は周りの予想に反して大ヒットし、続編のイーストウッド版もとても良かった。
最近はライセンス部門を始めたのもあり絵的にキケンなので販売終了しましたが、
作画から15年以上たった今でもその評価が下がらないすごいデザインだと思っています。

そして多分、、、もうあんまり覚えてないけど、5〜6年前、もっと前かなあ。
DANCE構図でキューブリックとスピルバーグで、いつかコラボTをやりましょう、と言い出したのはJETLINKワタナベさん。
僕もいつか、何かの区切りの時にやりたいなとずっとずっと温めていたアイテムです。

JETLINKとは、2011年にワタナベさんが体調を崩しそのサポートに回る意味で
それから数年間、僕と河崎さんがコラボアイテムの製作を担当しました。
BOREDOMのファースト、マウンテンジャケット、10周年&15周年スタジャン、モッズコートなどなど、”男として1着は持っておかなければならないワードローブ”をテーマに、
スタンダードなアイテムを我々の解釈で5〜6年に渡り、毎年1着ずつ展開してきたのも、
もう5年くらい前の話になります。

多分、JETLINKとのコラボは15周年のスタジャン以来か。
そしてよく考えると、オオモノアウターのコラボは多々してきましたが、ひょっとしたらTシャツでのコラボレーションは初めてかもしれない。

前置きが長くなりましたが、”構想”とかいう話をするともう記憶がないくらい長いこと温めていた
奥の手中の奥の手アイテムがついに具現化となりました。

”何かの区切り”というのは昨年のコミコンのことで、まずはそこでドット化用賀手刷りバージョンをリリースしました。

ドット化バージョン用賀手刷りモデル(東京コミコン限定)、2回刷りズラシ。
確か3色展開くらいで、コミコンにて完売、今は入手不可。これはこれで入手できた人はラッキー。

そして改めて2019SS。
ドット化モデルはそれはそれで良い出来なのですが、原画がデッサン画ですごい良かったので、これを何とか具現化できないかと試行錯誤。

結果、用賀スタジオ内では、この繊細な線を表現することができず断念。
写真版が得意な某所・某プリント工場に久々のシルクスクリーン外注。
そして出来上がってきたのがこちら。


どうでしょう。髪の毛1本1本まで忠実に再現できているすごいシルクスクリーン技術です。
使用しているインクも、生地に完全に定着する染込バインダーを採用しているため、
着込めば着込むほど生地とインクが馴染み、とても美しい経年変化を遂げてくれます。

足元の文言は「映画はタイムカプセルである」というスピルバーグの名言を踏襲。

もう1色はもちろん、REDxNAVYグラデ。

(展示会の時は間に合いませんでしたが)ホンチャンは左袖口にJETLINKタグが付きます。
(JETLINKタグが付くのは初回生産分限定100枚です、101〜は付きません、予めご了承ください)
※ 現時点(2/20)までにご予約いただいている分は全部つきます、ご安心ください。
(まだ少し余裕あります)



誕生から半世紀以上経った今でも色褪せることのないSEDSのDANCE構図を、インディーズTシャツブランドがデザインベースとして踏襲することはもはや珍しいことではないかもしれませんが、
キューブリック(スピルバーグもね)を起用してここまで説得力あるものになるのは、
長年あのスタンスを保ち続け、飽きもせずに、、いやブレずに20年近く続けているJETLINKのバックグラウンドがあるからだと思います。

HEADGOONIEとJETLINKだからこそできる奇跡の1枚がついに誕生。
2月お届け予定でしたが、今季はプリントがムズかしくて、、、多分3月末のデリバリーになります、すみません、お待ちください。

WEBSHOP&各地取扱店にて引き続き大好評ご予約受付中です。
全体的に残りわずかです、お早めのご予約をオススメします。
よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

https://headgoonie.com/

漆黒ブラック&オトナ向け水玉カンフーシャツジャケット


ドットリネン カンフーシャツジャケット
https://headgoonie.com/items/5c667b33c2fc28411f6489bd


フォーマルブラック カンフーシャツジャケット
https://headgoonie.com/items/5c6679df787d8457de938468

2016SSから定番として毎シーズン生地を替えて定番でリリースしているHEADGOONIEのカンフーシャツジャケット。

まず今回大きく違う点は、パターンを完全に一新しました。
多少の寸法やディテール調整ではなく、ゼロから心機一転。

ちょっと平置きの仕方を変えてみてみましょう。


(Mサイズで)身幅約62〜63cmに対して、着丈67cmでほぼボックス型。
袖幅・アームホールにも十分余裕を持たせ、まさに今年の夏着たいシルエットが完成。



まずは1色目。

ボブディランも水玉良く着てるし、ジョンレノンやSAのナオキなどロックスターに良く似合う水玉シャツ。
古き良き時代から脈々と受け継がれている水玉シャツ、ワードローブに1枚は持っておきたいが、
色気のある伝説のロックスターなら露知らず、我々のような一般人が水玉柄を着るのってちょっと勇気がいる。

今回採用となった水玉リネン。この絶妙さを見てください。

こういう色って写真撮るのがムズかしいですが、これが肉眼に一番近い色かも。
どうでしょう、うすーい水色なのか、薄いグレーも混ざっているのか、
それに遠目で見たら霜降りみたいに見えるけど、近くで見ると小さな水玉柄という、
水玉シャツの条件は満たしつつも主張をギリギリまで抑え、絶妙な位置に着地することに成功。
これなら、30代以上でも水玉シャツを普段着に違和感なく使えるはず。


インナーには海賊ヘンリー(持ってない人は6月の夏BOX2019を狙うべし)や、
6.2oz〜5.6ozのヘビーウェイトよりもライトオンスのが合います。
HEADGOONIEオリジナルもよかったらぜひお試しください。

このくらい主張の少ないドットならば、ボトムスをヒッコリーにしてもガラxガラ感低めで逆にプロっぽい。
どうでしょう、このくらいサラリとならば、僕くらいのオッサンでも水玉をそれなりに着こなせているんじゃないでしょうか。

チャイナボタンは共布を使い、1つ1つ手作業で結んでいます。
(メイドイン大阪堀江ら辺。広島ではやってくれるとこがないので一旦大阪に送りボタンだけ作り、またもう一度広島に戻すという非常に面倒ですが、、ボタンも共布というところにコダワっています)

2017SSで発足した「大八木呉服店」レーベル。
今季のモレスキンコートもそうですが、例えば日本由来の生地やディテールのものや、藍染を使ったもの、刺し子などなど、「和」テイストのものにはこの「大八木呉服店」ラベルが付きます。
ジャパンリネンを採用した本作にももちろん付きます。
「大八木呉服店」は、しばらくはHEADGOONIEと共同ネームで活動しますが、将来的には独立したブランドを目指しています。

身幅に合わせ肩幅も広く設定されているため、肩が落ちて背中のヨークが美しい弧を描くよう設定されています。
袖丈はあえてそれに合わせて短くせず長めに設定していますので、1回2回ロールアップするとシブイです。

身幅が広くてポップさもありながらスタンダードなアイテム。まさに2019年夏にドンズバな1着に仕上がったと自負しております。

こちらが普段使いの19SSスタンダードだとしたら、
もう1色は19SS”フォーマル”スタンダード。


リネンは綿よりも繊維が染まりにくいため、普通に黒く染めただけでは、濃いめのチャコールグレーになってしまい、真っ黒にはならない。
今回はジャパンリネンを原料し、特殊な染料を開発し、染め回数も増やし不可能と言われていたリネンの漆黒染めに成功。
拡大してみてこの黒さですから、引きで見ると思ったよりかなり黒いです。

(撮影地が札幌なので雪の中であれですけど)
先の水玉リネンよりも若干厚手でしっかりした仕立てで、漆黒が醸し出すフォーマルな雰囲気。
例えば夏の夜のちょっとしたパーティーの時や、
二次会や食事会、デートなどなどちょっとだけオシャレするシーンにちょうどいいです。
こういうちゃんとしたフォーマルストリート服を、1着持っておきたかったんだ。

水玉と同パターンを使用していますので、平置きすると同じくボックス型。


でも着るとストンと肩が落ちて、ヨークが弧を描き、ゆるいAラインの美しいフォーマルシルエットを醸し出すよう計算されています。

水玉、フォーマルブラックともに最高級のジャパンリネン100%後染め製品ですので、
(藍染よりは断然堅牢度は強いですが)もちろんいつも通り着込むほどに素晴らしい経年変化を遂げます。
ある程度手入れしながらキレイなままを保つも良し、そんなの気にせずガシガシ着込んで育てるも良し。

デリバリーは4月末予定ですが、人気アイテムのため事前ご予約を開始しました。
WEBSHOP&各地取扱店にて大好評ご予約受付中です。
よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

https://headgoonie.com/

海賊バナナデニムショートパンツ

PIRATES BANANA DENIM SHORT PANTS
https://headgoonie.com/items/5c6664f7787d8469f593869b

海賊コレクションというコンセプトを、
カリブ海ののヨットハーバーにいる現地のオッサンがダラ〜ンと着ているようなラインナップに落とし込もう、と思いついたとき、まず最初にアイテムとして頭に浮かんだのがデニムショーツでした。

どうやら今年〜来年くらいは、世間ではヒザ上のマウンテンショーツみたいな、
ああいうのが流行るようですが、結果的にそこには真逆を行くかたちになりました。

僕がこういうデニムショーツに出会ったのは、やっぱり中2。
スケートボードを始めて、Blind、スケートラグス、リンピーズあたりのこういうヒザ下丈ショーツを買ったのが最初だと思う。
それまでは半ズボンて、あの小学生がはいているモモ丸出しのやつの感覚ですから、ショーツでこんなカタチって、そりゃあ衝撃を受けたものです。

今回のコンセプトは1992辺、90年代初頭あたりに流行った、ヒザ下丈で裾広めの下品なデニムショーツ。腰バキしてさらに丈を長くし7分くらいではいたら激シブなやつ。

もう一度平置きで形状を検証。

いいですね〜この色。ヴィンテージ感とはまた一味違った90年代の趣を感じる。

もちろん股上・ワタリもそれなりにワイドですが、
注目すべき点は股下を(平均よりも)長めに設定している点と、(こちらも平均よりも)広く設定しているスソ幅。
これが90sシルエットを醸し出せるシカケ。まさにSnoopがはいてそうなあの下品な(褒めてます)シルエットを体感することができる。

まあでもそんなのはオジサンの昔話であって、これを現代のコーディネートにもちゃんと取り入れれるように構築しなくてはならない。

着用例。


モデル身長168cm/痩せ型でMサイズを着用。
ヒザが隠れるくらい長めでスソがフワっと広がった在りし日の90年代のシルエットが、
2019年90sリバイバルの最中、まさに今年の気分にバッチリハマるんです。
ギンガムシャツとの合わせがめちゃめちゃかわいいですね。

SNSでも何度か紹介しましたがこのデニム、ただのデニムではないのです。
綿70%に対し、なんと残りの30%はバナナ!(の皮)
バナナの皮から作った繊維を混紡しているのです。
13ozヘビーウェイト生地なのに、バナナ繊維が活きて最初からとても柔らかくしなやかな仕上がり。

バナナ繊維混紡の証拠に黄色セルヴィッチ!これが珍しいしかわいい。
2〜3回ロールアップしてセルヴィッチを見せてはいてもいいですね。
このくらい上げれば膝上シルエットも楽しめます。

白っぽい繊維が織り込まれているのが肉眼でも見えます。これがバナナ繊維。
最初にこれと出会った時、バナナ!南国!海賊!カリブ!みたいな単純発想で採用したのですが、
結果としてこの白い繊維がストーンウォッシュと相俟って、まさか90s”あのデニム”の色を再現してくれるなんて思いもしない偶然でした。

ウエストはもちろんゴム仕様。
35mm幅の細めで伸縮が強い(約35〜40cm伸縮可能)平ゴムを採用。
腰がキュっとしてスソがワっとなるこのシルエットがたまりません。

コインポケットには海賊刺繍。
リベット&ボタンは全てHEADGOONIE  ADVENTUREの刻印入り。
このラウンドしたポケット口も懐かしいですね。

バックスタイル。

スレキ(ポケット布)には、日本を代表する造形アーティストLuckyRudy氏が手がけた海賊柄が、
シルクスクリーン手刷りで施されています。
最後のストーンウォッシュでインクが半分くらいに落ちてカスレてめちゃくちゃいい感じ。

レザーパッチは馬1頭分の革を解体して作ったオリジナルレザーパッチに、
1枚1枚シルクスクリーン手作業でプリントしています。大量生産では出せない版ズレやカスレなど、手仕事の味を感じることができます。
洗っていくうちに画像のようにいい感じのジャーキー感が出てきます。

海賊コレクションの中心に鎮座する今季の中心的アイテム。
一見洗練されてシンプルながら、「基準」としてコーディネートを構築できるくらい存在感のあるアイテムです。

… しかし、、またこんな変わった生地を使ってしまったため、、
バナナ生地は非常に貴重で生産数が少ないため、このデニムショーツもおそらくごく少量生産になりそうです。
(まもなく生産開始、ストック数も確定します)
そういうわけで、デリバリーは5月なんですがご予約を開始しました。
できれば事前ご予約で押さえておくことをオススメします。
よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

https://headgoonie.com/

RASTA KNIT BELT

RASTA KNIT BELT
https://headgoonie.com/items/5c5fa2de68702424c754c73a

今季初めてオリジナルのシーズンテーマ”PIRATECHOICE”を掲げ、(全部じゃないですが)そのコセンプトに沿ったアイテムをラインナップしています。

海賊をテーマになんやかんや2年くらいかけて考えていたのですが、
海賊、カリブ海、カリブの海賊…etcと掘っていくと、まずはカリビアンミュージックが見えてきて、最終的にはどうしてもこのあたりの音楽にたどり着く。

おそらく、僕が初めてラスタカラーを見たのは中2のとき。
代官山の東京チャプト(まだSTUSSYが都内ここしかなかったから”東京Chapt.”)で見た
ラスタスタジャン(92)だと思う。
正直、ジャマイカカルチャーもレゲエも知らない中2の小僧には、なんじゃこりゃ。こんなの誰が着るんだろう。と思いました。
そのくらい、ラスタカラーって最初は抵抗ありますよね、誰でも。

しかし、物心ついてレゲエから、Ska、RockSteady…と掘ってみたり、
NETFLIXでSnoopやボブマーレイのドキュメンタリー観たりしていると、少しずつ抵抗がなくなってきて、自分の真逆にある”ラスタカラー”というアイテムが、あえてのハズシアイテムとして、
ハっと気づくと欲しくて寝れなくなっているのです。。

ここには高級な日本製や、安価な既製品ベルトなどは使いたくなかった。
やっぱり本場、ジャマイカのニットベルトが欲しい。

まずは、ジャマイカの民芸品や音楽に魅せられて、ジャマイカと日本を行ったり来たりしている輸入屋さんの知人に頼み、
現地ジャマイカのニットベルト職人に直接依頼してもらい、HEADGOONIEのために別注の長さ(115cm)でオリジナルニットベルトを編んでもらうことに成功!
また機会があったら話しますが、これがなかなか長い道のりでした。。

それを空輸で日本に持ち込み、バックル部分を日本国内で作成。

普通、こういうニットベルトって、バックルの尖っているやつを直接差し込むフリーサイズタイプが多いですが、アレだと、かなり早い段階でニットがホツレはじめ、いつも刺すあたりはすぐにヨレヨレになってしまいます。

それを劇的に改善したのがこのリングタイプ。これならば大事なジャマイカ製ニットをキズつけることなく、末長く愛用することができます。
レザー部分の縫製は、僕の地元にあるレザークラフトショップRepriseの伊藤さんに依頼しました。

全長115cmですから、たらすとこんな感じ。せいぜいウエストから25cm〜30cmほど垂れる程度。
今やラスタカラーのトリコとはいえ、やっぱり主張が強いこの配色。ダラーンと長くたらす勇気はない、、というかこのくらい控えめのがハズシアイテムとしてはちょうどいい。

様々なシカケがされているとはいえ、洗練されて一見シンプルな19SS真夏ラインナップの
ワンポイントアイテムとしてマストアイテムです。
これがあるとないでは、PIRATECHOICEの気分の上がり方が全然違う。

先ほど工場からもうすぐ仕上がりと連絡がありましたので、
来週中には出荷できると思います。
現地ジャマイカの空気を感じながら、日本の職人のニードルワークも楽しめる1本で2つ美味しい一品。
単品では送料がアレですから、何かのついでに一緒にぜひ。
よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

https://headgoonie.com/