36年前に見失ったボンバーデニムジャケットの痕跡を探る

こちらは前回広島で開発したモデル。4回目のバージョンアップ版。

全体にバイオウォッシュをかけた後、身頃の濃デニムをできる限り劇中の色に近づけるために、
エアブラシでトッピングしたり、
手作業でブラストして色を落として作りました。


ヨークの内側までエアブラシで色をつけた。

しかしこれはもう洋服の範疇を超えていて、もはやモデリングの領域の一点モノ。
もうこの工程では製作できないけど、
この4thモデルをターゲットにして、別の量産工程を取れないか? バージョンアップを試みました。


試行錯誤の結果、プラモデルのような工程を取らずとも、劇中の色を近づけることに成功。

バージョンアップ箇所としては、
BTTFマニアのおーもとさんからご意見をいただき、前回出せなかったデニムの”縦落ち”を再現しました。

今回一番力を入れているのが、この表面のデニムの色、落ち方です。
また追ってその他細部改善、バージョンアップ部位を説明します。

TO BE CONTINUED→

HEADGOONIE
大八木未来

headgoonie.com