作成者別アーカイブ: hg_blog

HEADGOONIE2019AW過去の銘品が合体したりリニューアルするクラシックコレクション

銘品・テンセルワイドシャツ。
僕も記憶があやふやだったのですが、iphotoの履歴を遡ってみたら、早いものでもう3年前。
2016SSのアイテムでした。

岡山の某繊維工場を訪ね、HEADGOONIEオリジナルの混率で編み立ててもらった
オリジナルテンセル(ユーカリの木の繊維を使った天然素材)を、同じく岡山で藍染し、最後にヴィンテージ加工を施しました。

一見ドシンプルですが計算されたパターンは着る人を飽きさせず、
僕もいまだに一軍で着ています。

そしてこちら、

沖縄の海って、実際行ってみると写真加工されたガイドブックみたいにあんなにギラギラな青じゃない。もっと落ち着いていて、優しい淡いブルーだと思います。

平日の、凪で薄曇りで、普通〜の日の沖縄の海をイメージして染め上げた、通称オキナワシャンブレーと、このシャツのもう一つの大きな特徴は、ボタンです。

プラスチックがまだなかった時代、ボタンてどうしてたんだろう?
ヤシの実やココナッツからから削り出したり、貝を使ったり。
その一つに、陶器ボタンがありました。

旧日本軍の軍服でその存在を知って以来虜になってしまい、ヒマがあると陶器ボタンについて調べていました。
今でも陶器ボタンをオリジナルで焼いて作ってる作家さんもたくさんいますが、
僕が適当に調べた限りでは、ほとんどの方が「型抜き」で作っていて、僕が求めている「手捻り」で作っている人には中々出会えませんでした。

自分でも挑戦しようと、何度か陶芸教室に通ったものの、いきなり売り物になるようなモノを作れるわけもなく、すぐに断念。
そうこうしているうちに構想早数年。ついに昨年、僕の理想の陶器ボタンに出会えたんです。

ファストファッションに対抗してあえて技術を退行させ、シルクスクリーン手刷りでプリントするのと同じことで、
安価で手軽なプラボタンが支流のこの時代、あえて陶器でボタンを作るのであれば、型抜きではなく手捻り(一つ一つカタチも穴の位置も色も違い、同じものはこの世に2つとない一点モノ陶器ボタンであること)であることに意義があると僕は思います。

ずっと探していた不揃いの手捻り陶器ボタンと出会えたことで、僕がずっと追い求めていた陶器ボタンシャツを、前季ついにリリースすることができました。
(現在はオキナワシャツのL以外は完売)

その魅力は何年経っても色褪せず、いまだ1軍で着ていける過去の銘品テンセルワイドシャツと、
この陶器ボタンのコンセプトを合体させ、近年(マイ)ブームなボックス型ワイドシルエットのエッセンスを加えた新型パターンを作成。
こちらが先日上がったサンプル。

2つの魅力的なシャツを合体させた、まさに僕が追い求めた陶器ボタンシャツの完全体(のサンプル)がついに完成!
前述したような素晴らしいスペックを背負っていつつも、
一新したパターンが筆舌に代え難いほど素晴らしい。

ぼちぼち生産に入るため、早くて9月末、10月上旬頃の発売になると思います。

あと、こちら、

HEADGOONIEの定番、ピルボックス型デニムキャップ通称・海賊帽、
右が新品、左が僕が数年ほぼ毎日かぶって育てたもの。

この ↑ 写真もう1年くらい前のもので、さらに最近のがこちら。

もう半分くらい白くなってきていて激シブです。もう真っ白になるまでかぶり続けてやろうと思っています。

しかし、こうなってくると濃紺のものもう1個欲しくなってくる。
U.S.NAVYのセーラーハットくらいのライトオンスを意識して作っているので、
デニムは9オンスくらいの軽めを使っているんですが、
せっかく新たに濃紺モデルを作るのであれば、生地もあえてもうちょい重めの10〜11オンスくらいのがいい。
銘品・海賊帽もここに来てさらにリニューアル。
いつもより濃いめ重めな新モデルを開発中です。

という感じで、今季19AWは過去の銘品を合体させたり、バージョンアップさせたりする
クラシックコレクションです。

先日大阪と札幌で開催した19AWの展示会に間に合わなかった、9月発売以降〜12月のアイテムは、このままリアルタイムでWEBSHOPにアップしていこうと思いますので、
ぜひいつもより頻繁にHEADGOONIEのS N Sをチェックしてみてください。

2020SSコレクション展示会は、通常通り9月末〜10月末にかけて大阪〜東京〜札幌の順番で巡りますので、その際に19AWも一緒に展示して回ろうと思っています。
続報をお待ちください。

HEADGOONIE
大八木未来

https://www.headgoonie.com/

8/29 at 恵比寿HANARE アメコミリーグTシャツ夏祭りにHEADGOONIE 大八木がゲスト出演します!

<8/29 at 恵比寿HANARE アメコミリーグTシャツ夏祭りにHEADGOONIE
大八木がゲスト出演します!>

『アメコミリーグアメコミTシャツ夏祭り』
なだぎ武、バッファロー吾郎竹若、2丁拳銃修士、佐藤ピリオド、B黒須、HEADGOONIE大八木未来

8/29 19:30開演2800円
恵比寿HANARE
(link: https://ty.funity.jp/ticket/show/page?clientid=yoshimoto&show=108073&sno=2&skb=1&showno=1) ty.funity.jp/ticket/show/pa

お時間ありましたらぜひ遊びにいらしてください。
よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

https://www.headgoonie.com/

17日(土)18日(日)、幕張イオンモールTSUTAYAさんで開催されるCARTOON PARTYで、Tシャツワークショップを開催します!

<今週末、17日(土)18日(日)、幕張イオンモールTSUTAYAさんで開催されるCARTOON PARTYで、Tシャツワークショップを開催します!>

(そのため17、18日は用賀ショールームお休みです)
CARTOON PARTYのお好きな版を使ってTシャツ作り体験ができます。(2日間で60名様限定)

イベントの詳細はこちらから。
https://makuharishintoshin-aeonmall.com/news/event/6936

久々のワークショップです。お時間ありましたらぜひご参加ください。
よろしくお願いいたします。

お盆中もHEADGOONIE WEBSHOPは24時間営業中。
19AWアイテムも続々登場中です!
https://headgoonie.com

刺子テーラード&スラックスパンツ


SASHIKO TAILORED JACKET
https://www.headgoonie.com/items/5d359c053a7e963e7a77310c

SASHIKO SLACKS PANTS
https://www.headgoonie.com/items/5d35a55c8e69195bcbd84c69

 

 

運動不足解消のために重い腰を上げて、事務所までウォーキングを始めたり、
公園で瞑想してみたり、2年くらい前から飽きない程度にぼちぼちとやっているんですが、
電車や車移動でドアtoドアでほぼ外に出ないような都市型生活が長かった僕にとって、
真冬の公園や国道沿いの寒さが骨身にしみました。

わざわざ着替えるのすら面倒臭がりなので、ウォーキング出来るくらいしなやかな
はき心地でありながら、そのまま出勤して仕事できるような、真冬仕様デイリーユースパンツとして開発したのがこちら。

藍染ヘビーウェイトコーデュロイパンツ。17AWリリースだから早いものでもう2年前の名作。
これは僕の私物。2シーズンにわたってガンガンはいたから、
縫製部分やポケット口など擦れる部分が白っぽくなってきて、かなり良い味出てきてる。
刺子も同様に、こういう濃紺パンツは新品時も良いですが、このくらいはき込んでからのが本当の良さが出るんです。

1月の札幌や、昨年何度か行った東北旅行のマイナス世界でこのパンツにどれだけ助けられたか。
”洗濯乾き待ち”が待ち遠しいほど、2シーズン引っ張りダコだったコイツ。
もう1本欲しい。せっかくならば、刺子で欲しい。ということで今作に至りました。

まずはパンツからご紹介します。


今作・刺子モデルも同様に、裏地全ヘビーウェイトフランネル張りの真冬防寒仕様。
こりゃ〜暖かいんですよ、ほんとに。

ていうか、こう見ると僕のコーデュロイパンツかなり良い味出てますね。
刺子はストーンバイオウォッシュを施し、最初からある程度陰影が出た状態でお届けしますが、
こちらもここからが本番。はき込むうちに凹凸部分にさらに美しい陰影が現れます。


ヒップ部分から裾までぜーんぶヘビーウェイトネル張り。
腰周りが暖かいというのはかなり重要。

着用例・全体図。

小細工ナシのドシンプルな、いわゆる2タックスラックスがベース。
ワイドなサイジングをトッピングしたはき心地バツグンでゆったりしつつもスッキリというオリジナルシルエットを開発。

182cm/65kgの僕が、XLをサイズを腰ばきせずピタリではいてこのくらい。
約9〜10分たけくらい。

2〜3回ロールアップして、裏地のネルを見せつつクロップド丈ではいてもかわいいです。

そしてテーラード。


昨年AWのカンフー型がとても人気だったのですが、
カンフーに抵抗があるって方も結構いて、もう少し幅広い人たちにこの刺子の良さを知ってもらいたいという気持ちもありつつ、どんなスタイルにも合わせやすいスタンダードなテーラードを開発しました。


こちらも裏地は総フランネル張り。
撮影時(夏)にちょっとはおっただけで汗ばんでしまうくらいホカホカ防寒性高し。



フロントムネZIPポケットはケータイや大事なものを落とさないように。
フロント下部両側ポケットは、シンプルでモノや手を出し入れしやすく大きめ設定で収納性にも優れています。

バックの大型ポケット(通称・万引きポケット)はノートPCもすっぽり収まるほどのビッグサイズでカバンいらず。

これも裏地ウィンドペンフランネルだから、袖を2〜3回ロールアップすると
かわいいです。

こういうちょっとした遊びディテールはあるものの、
僕はセットアップで結婚式アリだと思いますが、どうでしょう。ダメかな。



このジャケットを彩る大きなポイントの一つ、陶器ボタン。美しい藍色(瑠璃)を採用。
型抜きではなく、1つ1つ手びねりで作られているため、同じモノは2つとない一点モノボタンです。


182cm/65kgで、両方ともXLを着用しています。
僕は痩せているからかもしれませんが、結構ガバっとした大きめなつくり。
でもサイズダウンすることなく、このガバっと大きめサイジングを楽しんで欲しいです。
いつも選んでいるサイズをチョイスして、オーバーサイズラクチン着心地を体感して欲しいです。

ちょっと前のブログに書きましたが、HEADGOONIEのブランドコンセプトを多少変更しました。
簡単にいうとメインのHEADGOONIEの方はよりPOPに、
メイドインジャパンや藍染を追求するアイテムには「大八木呉服店ラベル」が付くことになります。
こちらももちろん、広島産の刺子を使った、生地作り〜縫製〜加工に至る全ての製作工程を
日本国内で行ったメイドインジャパン製品です。
自分で言うのもアレですけど、総裏の国産刺子でこの値段、、破格だと思います。

前述した通り、ある程度の加工は最初からかけてお届けしますが、
そこからが本番。もっと白い部分やカスレた部分が出てくるとどんどんシブくなる。
ぜひ所有者様だけの1本に育て上げてください。

お届けは、2019年9月末頃の予定です。

WEBSHOPにてご予約開始しました。
よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

https://www.headgoonie.com/

PIRATES CUBA SHIRTS

PIRATES CUBA SHIRTS
https://www.headgoonie.com/items/5c6fea23aee1bb5c777b9da0

藍染 ver.
https://www.headgoonie.com/items/5c6febe2c2fc281065d3b8b0

なんか気のきいた半袖シャツって、そういえば持ってないなと、
去年の今頃思ったんです。

半袖シャツってなんか損した気がしてあんま買わないんですよね。。
貧乏性だから大は小を兼ねる的な考えで、袖なんてまくりゃ半袖になるだろうと、
HEADGOONIEでも(めちゃくちゃ凝ったつくりの)ツギハギカスリシャツ以来、
半袖シャツはつくってない。

袖がない分をディテールでカバーできるだけのポテンシャルを持ったシャツと考えたら、
すぐにキューバシャツが頭に浮かびました。

長袖やジャケットを着る風習のない暑い地域では、冠婚葬祭時など半袖シャツを装飾してドレスアップする。
4つのポケットと前身頃タテに伸びるプリーツまたは刺繍が特徴的で様々なパターンのあるキューバシャツ。その存在はもちろん知ってたけど、奥が深そうで軽い気持ちで入れなかったのと、
ちょっとストリート系と合わせるには抵抗があって手を出さないままこの歳になってしまいました。

余計なディテールを排除し、最低限のディテールのみで組み上げた、ありそうでなかったミニマルなキューバシャツ。
そこにHEADGOONIE的要素をプラスして構築しました。

一度紙面上で”全部載せ”したToo Muchなキューバシャツを構築し、そこから引き算していき、デザインを洗練していく方法。
生地には薄くて軽くて、それでもどこかドレッシーなパリっと感のある綿麻混紡を採用。
シンプルな片側3本プリーツと、4個のポケットのみで構成。
そこにHEADGOONIE19SSのロングタグと海賊刺繍をトッピング。



さらにこのシャツがフツーじゃないのは一目瞭然、この四角さ!
1年ほど前から個人的にボックス型シルエットがマイブームになっていて、以前にもこんな四角い海賊スウェットをつくりました。

四角い!
身幅・肩幅に十分すぎるほどの余裕を持たせ、それに合わせて袖丈を短めに調整。
広い袖幅とAHも相俟って、小学生が着ているみたいな懐かしいシルエットが出ることにハマり、
最近じゃ四角ければ四角いほどカッコイイと思えてきたほどです。

今回のキューバシャツも、そんな独特なシルエットを楽しめるBOX型要素もトッピングされ、
唯一無二な逸品に仕上がりました。

もう一つ、今季テーマにキューバシャツを選んだ理由として、
プリーツやポケットなど縫製箇所が多いから、藍染したら陰影が映えるのでは、という目論見もありました。

ちょっと特殊な藍染方法を用いて、かなり強い陰影が出るように染め上げ+加工しました。
僕の目論見通りの美しい陰影に仕上げることに成功しました。

いつもだったら濃紺に染め上げて、それからの過程は所有者様に任せるのですが、
最初っから10年くらい着こんだようなこの風合いも、たまにはいいですね。



激シブなオフホワイトを定番として、アレンジを加えた藍染との2色展開の予定だったのですが、、
ちょうど発注の手前でこのいい塩梅な綿麻ストライプを入手したので、”ついで”のつもりで作った
ストライプが、結局一番人気で(7/12現状)XL以外完売です、わからないものです。

僕の自撮りですみませんが、やっぱりバナナデニムとの相性は最高です。

藍染だけのつもりが、、やっぱり実物を見たら欲しくなってしまい、ストライプ、オフホワイトも買ってしまいました。。
ストライプも好きですが、僕はこのドシブなオフホワイトにハマりました。

横幅がアホみたいに広いからかなりデカイですが、長すぎない着丈でバランスを取る絶妙さ加減。
こういうの着慣れない人には最初は多少違和感のある(かもしれない)このボリューム感、これがまたクセになってきて、着ているうちにジワジワと病み付きになってくるんです。

肩のロングタグと海賊刺繍、そしてこの独特なワイド型シルエットが全体をPOPに仕上げてくれていて、シンプルに行き過ぎず手持ちのストリートカジュアルにちょうど良く溶け込みます。

予想していた通り、バナナデニムとの相性は最高すぎますし、
海戦アロハショーツとも良く合う。

はき心地バツグンなアロハ生地のショーツに、軽くて涼しい綿麻シャツがとてもラクチン。
快適な夏を過ごせます。

前述した通り、デカイですがデカく着ましょう。サイズダウンすることなくいつも着ているサイズをチョイスして、このガバっとワイド感を楽しんでください。

僕は気にせず洗濯機にぶっこんでガシガシ洗って育てていこうと思います。
(藍染は単品洗いしましょう)
ストライプは洗いざらしをざっくり着て、オフホワイトはサっと低温アイロンで軽く仕上げて
ちょっとフォーマルに着ても良いかも、などなど空想中。

ポケットもたくさんあるし、半袖だけど損した気がしない。
一見シンプルですが着てみるとコーディネートの主役になってしまうほど存在感のあるシャツです。僕個人的に今季オススメの一品です。

WEBSHOP&各地取扱店にて大好評発売中。
すでにサイズ欠けが出ています、お早めのご注文をお勧めします。
よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

https://www.headgoonie.com