日別アーカイブ: 2019年6月12日

ブランドコンセプトをちょっとだけ訂正しました

最近はSNSでコトが済んでしまうので、
メインの headgoonie.jp はほったらかし状態だったのですが、

大八木呉服店が発足したり、BLACKSMITHレーベルが出来たりで、
ちょっとだけブランドコンセプトを修正しました。

まず、メインのHEADGOONIE。

HEADGOONIE

80s冒険映画に影響されたグラフィックデザインを水性インク・シルクスクリーンを使用して表現することにより、意図的ではないカスレや滲み、版ズレが生じ、シルクスクリーンがまだ発展途上だった頃のような、懐かしさ・温もりを感じるプリントクオリティーを目指しています。
ちょっとPUNKでスケートボード的でもあるPOPなグラフィックやデザインが特徴的。
大人になって忘れかけてしまった冒険心を呼び起こしてくれるギミックが裏に隠されている。HEADGOONIEはそんな衣類づくりを目指しています。

、、、言ってることは特にあんまり変わっていませんが、
藍染やリネン系のナチュラルや和な要素とは別の、僕の創るPOPな要素をメインに起き、
今後はアイテムによっては海外生産も視野に入れていく予定です。

続いて大八木呉服店。

大八木呉服店

刺し子や絣など「和」の生地を積極的に用いて、京都の友禅染め、奄美大島の藍染など、日本の伝統的技術を取り入れたブランド「大八木呉服店」を設立しました。「山仁」は大八木家の屋号です。
縫製の拠点を広島・岡山に置き、すべての制作工程を日本国内で行っています。
しばらくはHEADGOONIEと共同ネームで活動していきますが、将来的に独立したブランドを目指しています。

今までメインのHEADGOONIEで一貫していた”メイドインジャパン”というコンセプトをこちらに置き、さらに深く藍染や”和”を追求していけたらと思ってます。

そしてブラックスミス。

BLACK SMITH

80’s映画に登場する、主人公や登場人物たちが着ていた憧れのウエアを現代によみがえらせるラインには、(1885で鍛冶屋(BLACK SMITH)になっていたドクに準えて)BLACK SMITHレーベルが付きます。

機関車アロハとかチャンクアロハとか、映画が元ネタになっているレプリカ系アイテムには
このレーベルが付きます。

以上、ざっくりですがコンセプトを修正しました。
BLACKSMITHはたまにだからいいとして、メインのHEADGOONIEと大八木呉服店が、
これからどんな風に進化を遂げてくれるか、僕も非常に楽しみです。

HEADGOONIE
大八木未来

https://www.headgoonie.com/