日別アーカイブ: 2017年8月1日

HEADGOONIE x A.doreライダースZIPジャケット&A.dog FUCKロンT販売開始!

HEADGOONIE x A.dore RIDERS ZIP SHIRTS JACKET
http://headgoonie.com/items/598005d53210d56286000087

A.dog FUCK LONGSLEEVE
http://headgoonie.com/items/59800732b1b619772c000156

 

HEADGOONIE x A.dore(11周年記念)コラボレーションアイテム、

ライダース型ZIPシャツジャケットとA.DOG FUCKロンT、ついに販売開始!

HEADGOONIE WEBSHOP販売分は早々に完売。ありがとうございます!

引き続き札幌A.dore WEBSHOPにて販売中です。

A.dore HP

https://www.adore-snowcity.com/

タータンチェックには長い歴史があります。

語源は定かではありませんが、毛織物の一種を意味するフランス後の「Teretaine」からきたものと考えれられています。

最も古いタータンチェックは、南スコットランドのアントニヌスの防壁付近で発見された、3世紀頃のものだと言われています。

たくさんのパターンがあるタータンは、土地ごとのものだったと言われています。
1703年の記録によると、スコットランド地方には島ごとにさまざまなタータンチェックが存在し、身につけている柄を見ればどの島の人間か推測できるほどだったそうです。

とてつもなく長い歴史を持ち、王族からパンクロッカーまでさまざまな人種に愛用されてきたタータンチェックは今尚進化し続け、ここ20〜30年間にも世界中の愛好家によって新しい柄が続々と誕生しているそうです。

今回のシャツに起用したタータンチェックは、日本国内で編み立てたオリジナルではありますが、基盤となっているのは数あるタータンチェックの中でも有名な「ハミルトン」をベースにしています。 ハミルトンとは、イングランド北部の町「ハンブルトン」が由来だと言われています。

僕がこのハミルトンタータン、しかも綿のヘリンボーン(1896年にイギリスで開発されたこの織り方は「ニシンの骨」を思わせるような山形と逆山形が入り混じった模様であることからherring(ニシン)bone(骨)と呼ばれています)に出会ったのは今から約1年半ほど前。

この理想的すぎる生地に奇跡的に出会えたとき、これをWALDES別注ZIPと組み合わせてライダースとシャツジャケットの合いの子のようなモノをつくろう、というのはすぐに想像できました。

17SSはしばらく藍染系のラインナップが並んでいたので、寝かせておきながらリリースタイミングを計っていたのですが、そんなとき光栄にもA.dore11周年コラボのお話をいただきました。

周年アイテムといっても、年数をメインにフィーチャーした記念品のようなものや、
店名がメインになってしまうような地方限定色の強いものは避けたくて、A.doreとの周年コラボアイテムでありながら、地域関係なく長く着れるようなモノを、と考え、このタイミングでこのタータンを投入するに至りました。
(A.doreのイメージにこのチェックがピッタリすぎて、僕はすでに”アドアチェック”と呼んでいます)

ワイドな身幅と長めに設定した着丈で、いつも通り着心地ラクチンなシャツジャケット型をベースに設定。

そこにライダースの要素を加えていきます。

ZIPはすべてWALDES社に別注をかけた洋白色のオールドモデル。

普通のYKKのやつとはエレメントの輝きが違います。カベにかけてこのギラリ感をしばらく眺めてられるほど美しい。

前身頃のいい感じの位置に貼り付け型ポケットを設けてあるため、ケータイやタバコなどの小物類の収納に非常にベンリ。

手を入れて落ち着かせるのにも最適の位置と大きさに設定しています。

 

一言でいうと、「ダブルライダースのシャツジャケット進化版」です。

たとえば、ライダースジャケットは、バイクのハンドルを握る際、腕を前に突き出しても窮屈ではないように、袖の中心点を身体に対して前側につけています。

これを専門的には「袖付けを前振りにする」というのですが、このシャツにはそのライダース的「袖の前振り」ディテールを取り入れています。

腕の上下、前方に突き出した時の開放感が通常のシャツとは劇的に違っています。

同じく、エリ付方法も台襟を用いたいわゆるシャツ衿ではなく、ダブルライダースのエリ付仕様を取り入れています。

シャープで上品なシルエットを醸し出すエリ・袖のパターンに対し、着丈・身幅にはワイドでゆったりとした寸法を設けているため、シルエットは上品ながらもその着心地はゆったりとしていてラフにはおることができます。

シャーリングの生地感も相まってソフトで病み付きになる素晴らしい着心地を演出してくれます。

エリ裏部分にはこのシャツのために準備したオリジナルタグがつきます。

1枚1枚シリアルナンバー入りの限定35着生産。

 

共布でつくった布パッチと布バッジ。もちろん1枚1枚手刷りでつくっています。

キレイでシンプルなまま着るも良し、これらでカスタムして自分だけのオリジナルな1着をつくるも良し。

 

このチェックシャツがHEADGOONIE x A.doreの基盤になり、

これを基にしてグラフィックデザインを考えていたんですが、、HEADとAdoreってつながることに気づき、、

タータンチェック、アドアの「A」=ANARCHY、と連想していって、

そういや雪国(SNOW WHITE CITY)のSNOW WHITEって白雪姫だ、タータンチェックで白雪姫といえば、、な連想からやっぱり方向性として”こっち側”にたどり着きました。

 

A.dog FUCK LONGSLEEVE
http://headgoonie.com/items/59800732b1b619772c000156

 

A.dog FUCKとHEAdoreGOONIEメインロゴを組み合わせロングスリーブ。

1枚でもいいですが、このZIPシャツのインナーに着ると最高です。

両袖にはHEAdoreGOONIEのメインロゴ、連続Aマークプリント入り。

 

バックのメッセージは、ネバーランドから届いたフック船長からピーターパンへの挑戦状。
(このメッセージは”次回作”への伏線でもあります)

 

インクはすべて水性染込インクを採用。左袖のHEAdoreGOONIE以外はあえてすべて手描きのままPCを使用せず製版&プリント。カスレや色ブレに滲みなど、大量生産大量消費の油性インクでは出せないクオリティーで演出しています。

タグはエリ、裾ともにBLACK x BLACK刺繍タグを採用。

1枚1枚サインいりのレジストレーションカードも付きます。

祝A.dore11周年! 本日8月1日より販売開始です。

HEADGOONIE WEBSHOP販売分は少量だったのもあり、すべて完売しています。

現在は札幌A.dore WEBSHOPのみで販売中。よろしくお願いいたします。

 

HEADGOONIE
大八木未来

http://headgoonie.com/