日別アーカイブ: 2017年6月14日

空飛ぶ機関車アロハシャツ&猫娘Teeの販売を開始しました。

blog348

FLYING FUTURE TRAIN ALOHA SHIRTS
http://headgoonie.com/items/593f93f0428f2d5bb50017a0

夏BOX発売直前にあれですが、空飛ぶ機関車アロハシャツ2017ver.の販売を開始しました。

ずっとレーヨン100%のテロテロなのでやっていましたが、
今季は綿を35%混紡し、過去のモデルよりも若干ハリを出しました。

blog342

僕がこれを研究していた頃は、まだDVDすらなくてVHSの時代でした。そりゃもう何が何だかさっぱりわからなかったんですが、ブルーレイと今の液晶ヴィジョンはすごい。生地の”織り”まで見えちゃう。

ブルーレイ映像を液晶大画面で見ると、ナナメに綾織の線が走っているのが確認できるんです。
ツルンとした質感のレーヨン100%では、肉眼ではこの織り線は確認できないはず。
ということは、現物は綿素材だったのでは? という説が近年になって出てきました。

ただ綿100%では、単なるプリントシャツになってしまい”アロハ”から遠ざかってしまいます。
何度も何度もテストを重ねた結果、レーヨン65% / 綿35%というテロテロ感も失わず、
綾織の線も見えつつ、全体にハリを出し前回のモデルと一線を画すという絶妙な混率を出すことに成功。

プリントはインクジェットや昇華転写などの先端技術はあえて使わず、
特大シルクスクリーンを使った昔ながらの伝統技法”手捺染”でつくりました。

blog343
blog344
blog340

シルクスクリーン7版構成で、細部の絶妙なボカシ部分まで表現しています。
染料は、友禅などの着物を染めるのに使っている特殊な染料を採用。日本の技術が光るとても美しい仕上がり。メイドイン京都産の超高級生地です。

おそらく実物はこんなにキレイな印刷ではないと思います。
が、もはやそんなことはどうでもよくて、メイドインジャパンの技術でこれを再現することに意味があると、僕は思っています。

blog341

最後に「地染め」施します。
全体にうすーいグレーをかけて色をやわらかくし、ドクが長年着て古びたような風合いを演出しました。

blog391

着用モデルは174cm / 54kgでMサイズを着用しています。下に着ているHEADGOONIEのTシャツも同じくM。

特にオーバーサイズなつくりではなく、いわゆる普通の日本人向けサイジングです。
劇中っぽく着るのであれば、ワンサイズくらいアップしても良いかもしれません。

blog390

発売中の
MADSCIEINTIST PANTS
http://headgoonie.com/items/56f22c26bfe24ce1f6000d9d

と合わせれば、”あのコーディネート”を楽しむことができます。
(L、XLが完売しています、S、Mサイズも残りわずかです)

同時に、KILLING JOKE T-shirtsもWEBSHOPにて販売開始しました。

blog365

KILLING JOKE T-shirts
http://headgoonie.com/items/59216824428f2d5a14003fc1

blog367

blog366

死人のような青白い顔は、生地の色を脱色しながら染色する抜染(バッセン)技法を採用。

通常の約10倍量のラバーインクを乗せたスーパーラバープリントはテッカテカのペッタペタで
まさにラバースーツな風合い。

IMG_8213

ラバースーツの”縫い目”は、1枚1枚僕が手作業で施してから出荷しますため、
ご注文から出荷まで数日お待ちいただきますが予めご了承ください。

というわけで、夏BOX発売直前ですが、新作情報でした。
早いもので、これが17SSの最後のラインナップです。
WEBSHOPにて販売開始しました、よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

http://headgoonie.com/