日別アーカイブ: 2017年6月8日

年2回の大感謝スペシャル企画「夏BOX」とは?

はじめての方も多いと思いますので、
HEADGOONIEが年に2回だけ開催するお客様大感謝スペシャル企画、夏(福)BOXについて、
過去の画像を交えて簡単に説明します。
はじめての方はぜひご一読ください。

もともとは、普通にそのシーズンの売れ残りを詰め込んだだけの、
いわゆる”福袋”でした。
ただWEBSHOP販売のため、CAPやアクセ類など折れ曲がったら困るものも混入するので、袋ではなく箱に入れたことから、いつしか福袋ではなく、福BOXと呼ばれるようになりました。

fukubox_big_main

届くときはこんな感じ。

BOXの販売は、オフィシャルWEBSHOP

http://headgoonie.com/

にて開催されます。
(事前にSNSにて発売日時が公開になります)

もともとはHEADGOONIEも工場生産でTシャツをつくっていたため、普通にそのシーズンに売れ残ったものを詰め込んだいただけでしたが、
確か07〜08年頃、スタジオにシルクスクリーン機能を導入した頃から、
たとえば在庫に追加プリントを入れてカスタムしたり、
通常販売のないカラーをつくって入れたり、イレギュラーなものも混入するようになりました。

image13

たぶんこれは、、同封のカタログから推測すると、2012年頃でしょうか。

通常販売のMADDOG、PUNCH! Tシャツに加え、通常販売のなかったDIRECTORのオレンジや、
このBOXのために新たに製版されたNEW WORLD ORDERが入っています。

まだこの頃は、限定モノ混入率はこのくらい。内容もTシャツ4〜5枚程度でした。

それが回を重ねるごとに進化していって、

IMG_6603

これはたぶん、、2014か2015頃。
旧作の復刻や、ボツネタも底をつきはじめ、ついにBOXのために新作をデザインするという領域に突入。

IMG_6600

僕個人的にすごく好きだった、海賊黒ひげvs海の怪物クラーケンTと、
ハワイアンフラガールT。
これも多分14〜15年頃の新作ネタ。

セール企画のために、新作を描き下ろすという本末転倒な領域に突入したものの、まだこの頃はせいぜい、3〜4版くらいのものが基本でした。

しかし、回を重ねるごとにさらに深い領域まで突入してしまい、、

IMG_0890

5〜6版構成以上、イラストレーションとしても通常販売レベルを超越したこんなボスキャラも登場するようになりました。

これも2〜3年前のお気に入り。T-1000をフィーチャーしていますが、ベースは101のクリスセンのデッキのイラストをモチーフにしたものです。
これをキッカケにした「あんた誰?」的シリーズも、いまやBOXの醍醐味の一つになっています。

半袖Tシャツ4〜5枚が基本だったのが、この頃から「大」「小」の2種に分かれるようになり、「大」にはパーカーやクルーネック、縫製アイテムなども入るようになりました。

IMG_6531

BOXでは大量のシルクスクリーンを使うため、版をストックしておくことができません。そのため、一定数を刷り終えたら、スクリーンは破り、すぐさま別のデザインに張り替えられます。そしてまた一定数刷ったら張り替える、の繰り返し。
だからBOXに内容されるデザインは新作でありながらも、一期一会でそのときだけの限定なんです。

そして、BOXといえば忘れてはいけないのが、”マルチプリントTシャツ”です。

IMG_9268

マルチプリントTとは何か?

新たに製版したシルクスクリーンにピンホールがないか? 調合したインクの色が正しいかどうか、必ず新しいデザインは”試し刷り”をします。

試し刷りに使われたTシャツはそのままキープされていて、違うデザインが上がったら、空いている部分にまた試し刷り。また違うのが上がったら、また試す。
そうやってコツコツと積み重なったもの、意図的ではない偶然の産物、それがマルチプリントTです。

通常のプリント屋さんは、いろんなブランドやイベント、グッズやユニフォームなどを手がけているので、プリント屋の判断でそれを表に出すことができず、刷る場所がなくなったら破棄されてしまいます。

ただ、自社プリント工場を持っていた80年代のスケートカンパニーにはこのようなマルチプリントが存在しました。今でもたまーに市場に出回ることがあり、数万円〜数十万円で取引されることも珍しくありません。

自社プリント工房を所有しているHEADGOONIEだからこそできる、オリジナルグラフィックデザインのみで構成されたマルチT。他社ではマネできない、世にも珍しい逸品だと思います。

これもだんだんキリがなくなってきて、、

IMG_0850
IMG_0853

中には、もう何版刷り重ねたかわからないくらいの、”スーパーマルチ”も存在します。

意図的にはつくることのできない、偶然の産物ですので、入っていたらラッキー。
これもHEADGOONIE BOXの醍醐味の一つです。

このようにシルクスクリーンを駆使した新作がメインですが、
”福袋”ですから、もちろん過去アイテムも混入します。

IMG_6326

過去につくった半袖ギンガムシャツや、ビエラチェックシャツのデッドストック。これらは前回(1月)の福BOXに入ったものです。

デッドストックだけではなく、撮影に使われたサンプル、ウォッシュや耐久テストに使われたユーズドもあったり、
完成版にたどり着くまでに試行錯誤してきた途中経過品などの非売品もあり。

シルクスクリーンブランドからドメスティックブランドとして、ここ数年は衣類が増えてきたので、こういう縫製アイテムが混入する率も高くなってきていると思います。
そういう意味では、今回夏BOX2017はかなり豪華な内容になる可能性も高いです。

以上、HEADGOONIE BOXの歴史と内容、ざっとこんな感じです。

毎年8月末頃に開催していたのですが、今季から展示会形式になり、ちょうどその頃は秋冬のデリバリーが開始され、とてもBOXをやってられなので、今回は前倒し、今月6月に開催する運びとなりました。

小規模な個人ブランドなので、あまり数が用意できなくて申し訳ないのですが、、
うちの規模でできる限りの数を用意しているつもりです。
それでも毎回、特にM、Lあたりはすごく早く完売してしまいます。(前回はMが5分程度で完売したと思います)
今回も、発売日時をSNSにて事前公開しますので、その時間帯になったらWEBSHOPを更新しまくって待機していてもらえると確実かと思います。

お一人様1個まで、というわけではないですが、10個20個の買い占めはご遠慮いただいています。また近くなったらあらためて発売直前のご注意事項をブログにアップしますので、そちらもご一読いただけると助かります。

というわけで、今季もやります、夏BOX2017!
その内容はSNSにてチラ見せしていきますので、ぜひ引き続きチェックいただけたらうれしいです。よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

http://headgoonie.com/

HEADGOONIE2017AW6週連続展示会終了、そして夏BOX2017中身情報解禁!

中目黒ホリデイ、用賀ショールーム(ハワイアン展)、札幌A.dore、大阪Warp、用賀ショールーム、そして浅草橋ハイコンディションと、
4月末から6週連続各地で開催させていただきましたHEADGOONIE2017AW展示会が先週末で無事終了いたしました。

各地足を運んでくれた皆様、本当〜〜〜〜〜にありがとうございました!!

足を運んでくれた皆さんのおかげで17AWも何とかスタートできそうです。今季もサポートいただき本当にありがとうございます。
各地会場でご予約いただきました17AWアイテムは、今週から製作がスタートされ、カタログに記載されている時期に順番にお届けになりますので、到着を楽しみにしていてください。

僕もさすがにここらで一息つきたいところなんですが、
このまま恒例の ”夏BOX2017”に突入します。

IMG_8110

年2回のお客様感謝大サービス企画、夏BOX2017版、やります。

いつもは8月末頃の開催なのですが、今年から展示会になったため、その時期は秋冬のデリバリーと重なりBOXをやっているヒマがなさそう、ということで、今年は前倒し、今月発売することになりました。

IMG_8154
IMG_8135
IMG_8042
今週からSNS、ブログにて中身情報を公開していきますのでぜひチェックしてください。
よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

http://headgoonie.com/