月別アーカイブ: 2017年6月

HEADGOONIEオフィシャルLINE@アカウントはじめました

DDdnE20UIAETfNM

HEADGOONIEオフィシャルLINE@アカウントをはじめました。
今後定期的にHEADGOONIEの最新情報を配信していきます。

スマホから以下のURLをクリックすると、そのまま追加できます。
https://line.me/R/ti/p/%40headgoonie

もしくは、LINEアプリでheadgoonieで検索すると出てくると思いますので、
ぜひご登録ください。

HEADGOONIE
大八木未来

http://headgoonie.com/

TEENAGER CRUTCH BAG

blog381

TEENAGER CRUTCH BAG
http://headgoonie.com/items/595120683210d55750000891

blog385
blog386

blog383

17AWのメイングラフィック、十代の初期衝動を描いた”TEENAGER”柄12オンスヘビーウェイトスウェットを採用したクラッチバッグがリリースされました。

先日、HEADGOONIE2017AW展示会も行った、浅草橋にあるハンドメイドクラフトSHOPハイコンディションに別注をかけて制作してもらいました。

blog384

裏地はハイコンディションのオリジナルプリントが施された堅牢な6号帆布を採用。
ミニポケットも内蔵されていて実用性にも優れています。

別注ZIPや引き手レザーのハンドステッチなど細部にもこだわり抜いたメイドイン浅草橋の逸品。

、、、ですが正直、クラッチバッグって女の子が使うイメージがあって、
僕はまあ、自分では使わないかな〜と思っていたんですが、、先日の旅行中、試しに使ってみてその便利さにびっくり。

IMG_8432

13インチのノートPCがすっぽり収まるサイズなので、Macbookを入れるのにベスト。

IMG_8433

内側のミニポケットに、電源コードと携帯充電用配線を収納でき、その他USBなどPC関係のものや、ちょっとした書類を収めるのにバッチリ。

今までPCも配線も、コンタクトも洗顔フォームもデザイン用ノートもトランクスも靴下も、そのままビッグトートにぶっ込んでましたが、、
先日限定発売したミニポーチやこのクラッチのおかげで、小分けポーチの便利さに気付かされました、、。もっと早く使っていればよかった。

僕はノートPCや仕事用の書類ケースとして使う予定です。迷彩ポーチにお泊まりセットを入れれば、今までのようにバッグの中で洗顔フォームが爆発してデザインノートがオシャカになることもありませんし、コンタクトが破裂してほぼ何も見えないまま彷徨うことも、もうありません。

そのまま使うも良し、小分け用に使うのも良いです。
表は用賀グーンダックスタジオでハンドプリント、裏地は浅草橋ハイコンディションでハンドプリントされた手刷り生地を採用、プリントから縫製に至るすべての制作工程を日本国内で行ったメイドインジャパンの逸品です。

WEBSHOP、大阪WARPにて販売開始しました。よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

http://headgoonie.com/

マイクロムートンレオパード&ヘビーウェイトコーデュロイスケートボードショートパンツ

blog400

MICRO MOUTON LEOPARD SKATE SHORT PANTS
http://headgoonie.com/items/595118433210d5086c00146b

HEAVYWEIGHT CORDUROY SKATE SHORT PANTS
http://headgoonie.com/items/59511c11f22a5b3d84004249

HEADGOONIE 2017秋冬コレクション、新作の発表が開始されました。
”秋冬”といっても、HEADGOONIEは春夏が1月〜6月、秋冬が7月〜12月ですので、全部が全部完全に秋冬モノというわけではなく、晩夏〜初秋に使えるようなミドルアイテムから順々にリリースしていきます。今季もサポートのほどをよろしくお願いいたします。

まずはこのスケートボードショーツから。
こればっかりは、ちょっと思い入れも強すぎて、事務的なディテール紹介以外にもちょいと昔話も交えながら紹介させていただきます。

僕がスケートボードを始めたのは中学2年生。時は1992年。
まだ僕らの上の世代の名残があって、公園でスケートしている先輩方はヒザ上の蛍光色のショーツをはいて、パスヘッドのおどろおどろしい髑髏のTシャツを着ていました。サイズも普通にMとかLくらい。

フラリと入った書店で立ち読みした『Fine』で衝撃的な記事を目にしました。
それは「PLAN B」チーム来日の記事で、1ページデカデカとSean Sheffyが出ているやつ。
(この『Fine』ずーーっと探しているんですが発見できず、、誰か持ってたらコピーさせて欲しいです)

Sheffyがランプをやってる写真なんですが、テクニックよりも着ている服に一瞬で衝撃を受けてしまった。
来日は8月なのに、ニットキャップを深々とかぶっていて、XXXLはあろうか超ビッグサイズT。
僕がやっとAIR WALKやハーフキャブを入手して喜んでいるのに、彼らの足元はPUMAのクライドとADIDASのCAMPUSでかためられていました。
そして何より一番の衝撃だったのが、太っといコーデュロイのパンツを、腰バキどころか尻バキしているんです。

夏なのにニットキャップ、夏なのにコーデュロイ。そして全部デカイ。この反逆的な姿勢に中2の僕は完全にやられてしまいました。
(もちろんすぐに近所のダイエー系デパートに走り、ワゴンで叩き売りされていたPUMAとADIDASを僕らで買い占めたのはいうまでもありません)

これ以来、僕の中でコーデュロイはあえて夏にはくものであり、反逆的な生地の象徴となりました。

時は流れ2003年。HEADGOONIEの前身ブランド『EmmettBrown(エメットブラウン)』が軌道に乗り、今のように展示会形式でのリリースをはじめた頃。
ずっと心に残っていた反逆の象徴コーデュロイショーツをやらない理由はありませんでした。

当時の画像を探したんですが、、もう何も残ってなく、、。
ここにほんのちょっとだけ出ているのを見つけました。

IMG_8490

その昔、僕らがやっていた冒険フリーペーパー『東京10:45(トーヨコ)』。
海底に沈んだ幕末の軍艦を探したり、沖縄海底遺跡を調査したり、四国剣山にソロモンの秘宝を探しにいったりする記事を書いて、印刷して、街に配るという、今ではなんでこんなことに心血を注いでいたのかわからないエネルギー溢れるZINEです。

IMG_8489

四国剣山に古代ユダヤの秘宝を探しにいったとき、僕がはいてるコレ。

IMG_8488

物撮り写真もすごい小さいけど1枚だけ発見しました。これです。

もうめっちゃはいてました。ラクだしかっこいいしで、2年くらいずーっとずっとはいてました。
が、、現物はいまや紛失。。どこいっちゃったんだろう、、。

あれから約15年。時代が一回りして、もう一度このシルエットのパンツをやるのであれば、
昔を知る人には懐かしく、新しい世代には新鮮に映るであろう、このスケートショーツを原型にしました。

そして今季、長い年月を経て、満を持して復刻となったのが、こちらです。

blog112

HEAVY WEIGHT CORDUROY SKATE SHORT PANTS
http://headgoonie.com/items/59511c11f22a5b3d84004249

blog103

MICRO MOUTON LEOPARD SKATE SHORT PANTS
http://headgoonie.com/items/595118433210d5086c00146b

ウエストゴム仕様でワイドなワタリ、股上のアーリー90sなシルエットはそのままに、
現代のタウンユースにも適応するよう細部のディテールをグレードアップさせてセルフリブート。
定番コーデュロイとレオパードの2色展開です。

blog108

ストリートのヒョウパンといえば、いわゆるレーヨンシールやパイルっぽいものが使われることが支流ですが、今季HEADGOONIEでは「マイクロムートン」という、羊革の触感を模した特殊素材を採用しました。

正直もう年も年なんで、本音で自分の欲しいモノをつくると、藍染の天然素材のモノばかりになってしまうんですが、
展示会形式にもう一度戻るのであれば、もう少しラインナップに彩りを、と考えました。
しかしただ単に時代を逆行させ自分では着れないものはつくりたくない。
ずっと藍染ばかり研究してきたので、ここに来てレオパードや迷彩が新鮮に映ったんですが、正直いわゆるレーヨンシールのヒョウパンをこの年でこのキャラで普段着にするのはしんどい。。
、、というタイミングで出会ったのが、このマイクロムートンでした。

「ムートン」とは、羊革のことで、おもにメリノー種の原革に加工処理を加えたもの。 他の毛皮のように荒毛(ガードヘア)がなく、綿毛が密生しているため、しなやかで柔らかく、とても気持ちのいい肌触りが特徴です。
そのムートンの触感を化学繊維で再現したのがこのマイクロムートンです。

フワフワでかわいい仕上がりで、レオパードという凶暴な見た目をPOPに中和。
やりスギずやらなスギず、なんともちょうどいい仕上がり。これなら30代〜40代の、「ヒョウパン好きだけどもうキビしいかも、、」という世代でも違和感なく普段使いすることができます。

blog110

ポケット口には金属のリベットは使わず、いわゆる菊穴刺繍をリベット代わりに採用する”刺繍リベット”を踏襲。
これは80年末期〜90年代初頭頃、POWELLやSKATE RAGSあたりのスケートボード用パンツに使われていた由緒正しきディテール。これを踏襲することによりグっと当時の空気感が増します。

blog105

同じくアクセントとなる赤糸で、左裾部分にHEADGOONIEを象徴するスカルキーのレリーフが刺繍されています。

blog109

内側左スレキ(ポケット布)には、今季のメイングラフィックの一つ、Lucky Rudy氏が手がけたジョリーロジャーがプリントされています。もちろん1枚1枚スタジオでハンドプリントしたものです。
内側スレキにカンパニーネームをプリントするというのも、当時のスケートカンパニーがよく使われていたディテールを踏襲したものです。

blog106
blog111

ウエストはゴム仕様、ベルトいらずでラフにはけるためこれで十分なんですが、
携帯、タバコ、HEADGOONIEのバカでかいサイフetc… ポケット内が重くなってくると、
どうしてもゴムだけではズリ落ちてしまいます。

ビーチパンツ的、イージーパンツ的な雰囲気を崩さずにそれを阻止するとなると、やっぱりヒモ!
ドローコードよりナイロンベルトより、やっぱりヒモが一番。
それもこの無骨なショーツの空気感に合わせるために、直径約8mmもある長極太綿ヒモをベルト内部に内蔵した2重構造。これでラフにもはけつつ、固定もできます。

blog104
blog107

バックポケットは、HEADGOONIEのバカでかいサイフがスッポリ収まるくらい深いつくりになっていて、長財布が飛び出してしまう心配はありません。
スナップボタン式なので、ハーフウォレットならばスナップボタンで止めることができ、スケートボードをはじめ夏のアクティブな動きでサイフを落としてしまう心配もありません。

そしてコーデュロイ。

blog112

blog121

「コーデュロイ」とは、綿横ビロード織りしたパイル織物の一種で、日本では「コール天」(「コード」+天鷲絨(ビロードの和訳)) と呼ばれ、古くは江戸後期〜明治初期から庶民のワークウエアとして使われてきました。 縦に真っ直ぐに入る畝(うね / 縦線)が特徴で、その太さの単位を「WELL(ウェル)」で表します。

この縦線の太さ、たぶんいわゆるカジュアルウエアに使われる畝は11〜12ウェルくらいが一般的だと思います。数が少なくなるほど太くなるんですが、これは8ウェルというかなり太めな畝を採用。
見た目の重厚感だけではなく、実際に耐久性・保温性にも非常に優れています。
生地表面の劣化感が少ないのも太いコーデュロイの特徴で、10年20年はいても全然現役でいけるワークウエア、アクティブウエアとしても最適な生地です。

blog114

レオパードと同じく赤糸刺繍リベット&スカルキー。
ブラックで統一されたシックでベーシックな全体のアクセントとして光ります。

blog119

ウエストがゴム仕様でベルトループがないパンツをはくときに困ってしまうのが、ウォレットチェーンやキーチェーンをぶら下げるところ。
なのでフロントサイドにキーチェーン用ストラップを設けました。これでいつも通りのアイテムを装着できます。

着用例。

blog398

右 大八木182cm/Lサイズ着用。

左 SAYAKACHAN 155cm/同じくLサイズ着用。

サンプルがLだったため、Lを着用しましたが、僕は本番はXLを購入予定。
しかしウエストゴムだし、ワタリも股上もワイドなので、これもはっきりいってサイズはどれでもいいくらいです。
ウエストと、身長に合わせた総丈でチョイスすればいいと思います。

10月リリースのサイコビリー音符セーターとの相性もバッチリ。

blog397

SAYAKACHAN、155cm/ヒョウパンLサイズ。上に着ているメカロゴパーカーはXL。
女の子がM、Lでこのくらいワイドにはいても全然かわいいです。

blog399

レオキ 174cm/同じくヒョウパンL。上に着ているNEVERLANDポケTはXL。
このくらいオーバーサイズでラフにはくのが僕の理想です。

逆にこんな感じもあり。

blog396

SHINTARO 180cm/同じくヒョウパンLサイズ着用。

スケートスタイルに限らず、マーチン&ドリズラーでROCKテイストなスタイルに合わせるのもかなり良いです。

というわけで長くなりましたが、個人的思い入れも非常に強く、
一見ナンてことなく見えますが、当時の歴史的ディテールも踏襲し細部までこだわり抜いた逸品です。
生地の製作から縫製に至るすべての製作工程を日本国内で行ったメイドインジャパンの一級品です。

WEBSHOPにて販売開始しました。
よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

http://headgoonie.com/

 

スタジオは6/21(水)〜6/25(日)まで夏休みをいただきます。この間も通販出荷は対応しています。

original-9054-1394557963-7-1

用賀グーンダックスタジオは、6月21日(水)〜25日(日)まで、夏休みをいただきます。

21日(水)〜22日(木)の2日間は通常通り通販出荷対応していますが、
23日(金)〜25日(日)までの3日間は完全にお休みになります。

22日(木)の15:00以降にいただきました通販、製版は、お休み明け26日(月)〜の対応になります。
お待たせして申し訳ございませんが、予めご了承ください。

GOON DUCK STUDIO STAFF

http://headgoonie.com/

夏BOX2017本日20日より出荷開始!今季はまだ全サイズ引き続き販売中です。

blog396

HEADGOONIE夏BOX2017
http://headgoonie.com/items/5947b6c3b1b61948cc001379

HEADGOONIE夏BOX2017、今季もたくさんのご注文をいただき本当にありがとうございます!

スタジオからは、本日20日から出荷を開始していますが、
さすがにこの数になると佐川急便の方で翌日配達できる数に限界があるらしく、
うちからは今日出ていたとしても、到着までに数日見ておいてもらえると助かります。

お手元に無事BOXが届きましたら、 #headgooniebox もしくは、 #夏box2017 でぜひ感想を聞かせてください。

いつもだったら完売報告になるのですが、今季は買えない方が出ないよう、それなりの数を準備したのもあり、全サイズ平均的に売れているのもあり、現時点でまだ全サイズ販売しています。
僕にとってはこれが非常に理想的です。買えないという方も出ず、悩んでいた方、初めてでなかなか手を出しづらかった方も、みなさんの到着報告を見てから注文できるのであればそれがベストだと思います。
XLが残りわずかですが、S、M、Lはまだストックに余裕がありますので、できればもう数日間販売を続けたいところです。

無事到着し開封後、すでに持っているモノ、自分には合わないモノなどがあった場合は、身近にいるHEADGOONIEに興味がありそうな友人知人にプレゼントしたり、安く譲ったりしてみてください。皆さんの手を介してHEADGOONIEの輪が広がっていってもらえたら、それが最高です。

これにて、HEADGOONIE2017Spring/Summer Collection閉幕! 今季もサポートいただき本当にありがとうございました!

スタジオは明日からちょっとだけ夏休みをいただき、来週からは早速、2017秋冬コレクションの新作発表がはじまります。2017秋冬も変わらぬサポートのほどを、よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

http://headgoonie.com/