日別アーカイブ: 2017年5月10日

HEADGOONIE2017サマーコレクションスタート!5月リリースアイテム事前お知らせ

夏到来間近!

HEADGOONIE2017コレクション、今月からサマーコレクションの新作がリリースされます。

まだカタログをご覧になれてないお客様から、おサイフとの相談があるのでリリースアイテムを事前告知してほしい!とリクエストをいただきましたので、
今月リリースのサマーコレクションをザっとご紹介いたします。

blog321

HEADGOONIEのド定番アイテム、空飛ぶ機関車アロハ、昨年に引き続き綿混紡レーヨンver.。
綿が入った分生地にハリが出て、レーヨン100%のものとはまた違った仕上がりになっています。レーヨン100%よりもストリートファッション感があり、HEADGOONIEのアイテムやHEADGOONIE取扱店の他ブランドのアイテムと合わせてコーディネートしやすくなったと思います。
京都の手捺染製、高瀬貝ボタンなど細部にもコダワリ抜いた、メイドインジャパンの一級品。
24000円+税。

blog322

昨年に引き続き、今季もセットアップでショーツもリリースされます。
これ、去年僕も買いましたが、めっちゃいいですね。海パンでこそないですが、チャンクより浮かれすぎてなくてタウンユースにも向いています。
OVER THE MOON!やハワイアンシリーズとの相性がカンペキ。
20000円+税。

blog323

展示会で大好評だった機関車&チャンクの45cm x 45cmサイズクッション。
ボリュームがあって枕代わりにもなるので、家で映画を観るときに最適。
これは5月末間に合うか微妙なんですが、多分ギリギリ入荷できると思います。
8000円+税。

そして、予定しておいてほしいのがこれら。

blog324

blog325

毎年一瞬で売り切れてしまうため、(昨年は機関車モデルが5分持ちませんでした、、)
欲しいのに買えない!とたくさんの声をいただきましたので、今年はそこそこストックを準備したつもりです。
新バージョン、ARMY&NAVYもとても良い。
それなりの数を準備したので、今年は即完売はないとは思いますが、、近年の一番人気アイテムですので、お早めに押さえることをお勧めします。
こちらも5月末ギリギリくらいの入荷予定です。
6000円+税。

そして、ついにこちらがリリース決定。

blog320

”あの三角パッチ”を取り外した跡があるケミカルデニム1985モデル。
バックヨークに沿ってバックポケットが取り付けられていて、吊り上がったネコの目のように見えることから、僕がBTTFをコレクションしてた頃は、「ネコ目パンツ」「キャッツアイデニム」とか呼ばれていました。ひょっとしたらこの名称、僕らの間だけだったかも、、とも思うんですが、
90年代後半〜2000年代前半、僕も血眼になってBTTFグッズを集めていたあの時代に倣えてこの名前をつけました。

別にBTTF関係なくとも、今のストリートコーディネートにもバッチリだと思います。
5月22日入荷で確定していますので、22日の週にWEBSHOPにアップできると思います。
20000円+税。

IMG_5558

そして昨日ご紹介したチャンクアロハ海パン(20000円+税)の、合計7アイテムがデリバリーします。
チャンクショーツは、早ければ今週末〜来週前半にはWEBSHOPにて販売開始できそうです。

まさにHEADGOONIEの夏! なラインナップ。
いつもの夏、いつもの旅行にこれら1アイテムでも取り入れるだけで、いつもよりちょっとだけ楽しい夏を過ごせると思います。
入荷し次第、順番に WEBSHOPにアップしていきますので、ぜひチェックしてみてください。
検討のほどをよろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

http://headgoonie.com/

チャンクアロハショーツが入荷しそう。札幌前に間に合えば展示会ご予約の皆様に出荷後WEBSHOPにもアップします。

IMG_0374

工場から連絡あり、どうやらチャンクアロハショーツが縫いあがった模様。
展示会ご予約の皆さまへ出荷後、WEBSHOPにもアップしてから札幌に行きたいところです。

しかしこれは本当に便利です。

僕にはちょっとハデかな〜と思い、数年前リリースしたときは自分では買いませんでした。
しかしその年の旅行で海パンがなく、あ、そうだ、あのサンプルMがあったっけと思い持っていったら、、マジでちょーよかった。それから毎年の旅行には欠かせない旅のお供になりました。

しかしサンプルMサイズ、、僕にはちょっと小さい。なんであのとき自分の分をキープしなかったのか、、本当に悔やまれました。
今季やっとXLを入手できるのがうれしくてたまりません。

速乾性なので、こうしてちょっと休んでいれば乾いてしまう。
乾いたらそのままラウンジやレストランへ。そしてまたプールに飛び込み、しばらく休めば乾くので、そのまま街へ。ショッピング後、海があればまたそのまま飛び込む。の繰り返し。
ホテルへ戻ったら浴槽でジャブジャブっと洗い、ベランダに干しておけば翌日にはすっかり乾きます。これとカンフーパンツがあれば、旅先で快適に過ごすことができます。

そして今年はぜひこれに合わせたい。

blog308
MIKEY in MAUI PARTY
http://headgoonie.com/items/59097450b1b619d8f200090f

両方オーバーサイズでダラ〜っと着たいと思っています。

WEBSHOPでは今週末〜来週前半販売開始予定です。ご期待ください。

HEADGOONIE
大八木未来

http://headgoonie.com/

5/11(木)~札幌A.doreにてHEADGOONIE2017AW展示会開催。隠れた?見どころ。

1

sapporo

いよいよ今週11日(木)より、札幌A.dore店頭にてHEADGOONIE 2017AW展示会を開催します。

僕大八木も、12日(金)の夕方頃到着して、13日(土)の閉店まで店頭に立たせていただこうと思っています。

会場特典ノベルティーもあり。

IMG_7819

東京展でピンクを配布しましたが、札幌限定カラーは”RED”。
1枚1枚シルクスクリーンでプリントしたハンドメイドハンカチです。
会場にて17AWアイテムをご予約いただくか、HEADGOONIEのアイテムを購入いただいた皆様にプレゼントいたします。(数に限りがありますので、なくなり次第終了しますがご了承ください)

今季はアイテム数がグっと増えて、全40種類を展示しています。
40もあると、ある程度事前情報を入れて狙いを定めていかないと、なかなかその場で全アイテムを把握するのはむずかしい。

ざっと見た感じ、やっぱり藍染ナイロンのカンフーやマウンテン、グーニーズスタッフジャケット、
ダブルガーゼライダースやドリズラージャケットなんかの迫力あるアウター系が目立ちがちですが、今季はパンツにも力を入れているんです。

たとえば、、

1

デニムボンテージパンツ。
メンズで約8分丈くらいの設定なので、小柄な方や女の子なら10分丈ではけます。

歴史あるボンテージのディテールは遺しつつ、現代のコーディネートに違和感なく溶け込むようにアレンジ。今季のHEADGOONIEのトップスとめちゃくちゃ相性良いです。

その昔、今から10年位前? に、ロンドンでHOUSE33というブランドをやっていたバーンズリーが来日したときはいていたのがデニムのボンテージ。バンズリーはリーバイスのやつに自分でZIPを縫い付けてカスタムして、NIKEのランニングシューズに合わせてて、それがとてもシブかった。HOUSEからものちにデニムボンテージがリリースされ、国内ではストアロボットで少量だけ売ってました。 SEDSからというより、これはそこから着想したもの。 HEADGOONIEでも2010年頃?
一度やってますが、股上ワタリを広めにしたり、レングスを削ったりパターンを一新してリブートしました。

今季のVOODOOやメカニカルGOONIEなどのPOPなスウェット類や、
ドリズラー、ガーゼライダースあたりと合わせるととてもかわいかっこいいです。

2

2015年秋冬で、クロップド丈で一度リリースしたことのある藍染コーデュロイパンツをリプロダクト。ボンテージとは一転、大人な雰囲気漂う一着。

まず、大きく違う点は、裏地にネルが貼ってある2枚地というところ。
ただでさえ防寒性に強いコーデュロイに、さらにネル貼りすることにより超防寒。1〜2月のマイナス気温の中でも大活躍します。

前回のモデルは、既存のコーデュロイを後染めしたものでしたが、今季のはオリジナルでしかも国産。耐久性にも優れた太っといコーデュロイは無骨感もありながら気品漂う美しさ。
レングスも10分丈です。

一応、キャップ、ダブルジャケットとの三揃えセットアップですが、藍染ナイロンシリーズとの相性もバツグンなので、僕的にはカンフーダウンと合わせたいマストアイテムだと思っています。

そして結構見落としやすいけど、あなどれないのが、これ。

IMG_7769
IMG_7767

通称ブーツボーイズデニムパンツ。

Dr.マーチンなど、編み上げブーツをはくとき、通常レングスのデニムはロールアップしても長すぎてもたついてしまう。
けども、自分でハサミでカットオフする勇気はなかなか、、、なので、最初から7分丈でブーツに合わせやすいのを、というコンセプトでつくられたものです。
お腹が出てきてしまったオジサンパンクスのために、ウエスト・股上・ワタリには若干余裕を持たせ、シルエットはシャープながらもはき心地はラクチンというHEADGOONIE独自開発のスリムモデルパターン。

、、、の、つもりだったんですが、これ、別にブーツじゃなくても全然いいです。
展示用のサンプル以外に、ファーストサンプルのXLが残ってたので東京展の間はいてたら、、
この独特のシルエットにすっかりはまってしまいました。

もちろんブーツに合わせるには最適な構造になってるんですが、
普通にスニーカー、サンダルにもめっちゃいい。素足で寸足らずでラフにはいて、海賊ボーダーとの相性の完璧。一見ただのボーダーとデニムはいてる人に見える感も良い。

加工はもちろんメイドイン岡山の一級品。クロップドのスリムタイプで、なかなかここまでの本格ヴィンテージ加工ものにはお目にかかれないと思います。
(もう1種、衝撃のうしくんモデルはぜひ会場で見てみてください)

ということで、今季はアウター類に目が行きがちですが、実はパンツもかなり良いラインナップが揃っています。
ぜひ会場で実物を見て触って試着してみてください。よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

http://headgoonie.com/