日別アーカイブ: 2017年2月3日

SUMI TENCEL WIDE SHIRTS

blog75

SUMI TENCEL WIDE SHIRTS
http://headgoonie.com/items/589301a010031561b8000e00

blog64

blog36

今季のテーマ、”炭”で染色したテンセルワイドシャツ、WEBSHOPにて販売が開始されました。

ここ数年ずーっと青い(藍染)のばっかりつくってたんで、HEADGOONIEから黒シャツってなんだか新鮮です。

炭による素晴らしい染色も最高なんですが、まず注目したいのは、この”テンセル”という素材です。

blog67

テンセルの原料は、これ。ユーカリです。コアラが好きな、あれです。

ユーカリは非常に成長が早く、たった7年で伐採できるまで大きく成長し、灌漑も農薬も必要とせず、限界農地にも生育することができる強い樹木なので、食材のための農地を奪うことなく植林が可能です。

blog68
このユーカリの木質パルプを溶かし濾過したあと、パルプの不純物を取り除き、セルロースを取り出したのがテンセル繊維です。
使用溶剤はシャンプーなどにも使われる人体に対して安全なもので、100%回収し再利用されています。

blog74

画像は、繊維を顕微鏡で拡大したものです。左が綿で、右がテンセル。

テンセルの方が、なんだか丸っこくてツルっとしています。

テンセルの表面は(綿と比べて)驚くほどなめらかで、この繊維表面が、デリケートな肌を持つ子供や肌の弱い人にも優しい柔らかな肌触りを生みます。 またテンセルは、繊維を構成する極微空間が湿度の吸収と放出を制限するため、非常に優れたモイスチャーコントロール能力を持っています。 綿に比べると、人間の肌に対するモイスチャーマネジメント(湿度管理性能)が50%以上優れているという科学的測定結果が出ています。

ただ、デメリットが一つ。
このツルっと繊維が逆効果を生み、テンセル100%では、生地の表面がピカピカに光ってしまい、なんだかオバチャン服みたいな印象になってしまうんです。

そこで今季HEADGOONIEでは、このスーパー天然繊維”テンセル”を縦糸に使用し、
横糸には麻(リネン)を採用。もう一つのナチュラル素材”麻”を混紡することにより、テンセルの良さを残しながら、唯一のデメリットである光沢を抑えることに成功。

blog69

生地は、広島県の某繊維工場で編み立てていただきました。
TOYOTA JAT810という最新織り機を使用。 この機械は空気で縦糸を飛ばすエアー織り機ですが、糸にかかる空気圧が少なく、素材を優しく扱いながら織り上げることができます。

こうして、100%天然素材を使用し、日本国内で織り上げた、地球に優しい生地、
HEADGOONIEオリジナルテンセルが誕生しました。

今季、このテンセル素材を採用し、オーバーサイズでザックリと着こなすワイドシャツに仕立て上げました。
blog75

着用モデルは、身長175cm/65kgでMサイズを着用しています。

アメカジベースをダボっと着るのではなく、最初からオーバーサイズで着こなす目的でつくられている、チェコ、スウェーデンのグランパシャツや、 1920~30sのドレスシャツ等をパターンメイキングの基本にすることにより、30代以上の年齢でもオーバーサイズを違和感なく、アーティスティックに 着こなすことができます。

blog71

裾まわりは、1920〜1930sあたりのフレンチドレスシャツのような深いスリットを入れました。 後ろ身頃の方が約3cmほど長め。

blog72

重なって下側に来る前身頃側に今季の新メッセージタグ付き。動きによってチラリの見え隠れするのが粋です。タグも炭で染まっているのがいい感じ。

blog73

左ムネポケットは通常通りですが、右ムネポケットは内ポケットタイプになっていて、外側からはアタリしか見えないようになっています。
加工によってある程度アタリを出した状態でお届けしますが、着込むうちにだんだんアタリ部分が浮き上がってきて、どんどん良い味を醸し出すシカケになっています。

襟はイタリアンシャツ等を参考にした約25mmの小さめの襟を設定。 スッキリとした襟まわりがシャツ全体をさらに上品に仕上げてくれています。

blog65

身幅・肩幅をガバっとワイドにとってあるため、バックのタックはカットしスッキリシンプルな仕上がりになっています。 肩幅も広めに設定しているので、ガバっとオーバーサイズではおると背中のヨークラインが湾曲し、美しいラインを演出してくれます。

blog70

ボタンは、とても存在感のある4mm厚ボタンを採用。側面にHEADGOONIEの刻印が施されています。

昨日、大地くんがブログにあげてくれた着用例も、すごく良いですね。

IMG_8358

炭パーカーとの合わせ技は完璧。炭パーカーのデカいフードの上から2サイズくらい大きいオーバーサイズをガバっとはおれば、ジェダイな気分になれます。

IMG_8405

もちろん、SUMISEN® WIDE Teeとの相性は抜群です。
炭が織り成すさまざまな効果を得られながら、素材が醸し出す快適すぎる肌触りと着心地で、超快適な春夏を過ごせることでしょう。
シンプルなコーディネートの中にスカルキーペンダントが光りますね。

IMG_8406

ほんと最近ずっと藍染ばかりだったので、、黒いHEADGOONIE、僕も非常に新鮮です。

炭染を施したあと、最後にさまざまな加工を施し、ヴィンテージのような美しい風合いに仕上げます。

blog264

まず、ソーピングウォッシュという、生地表面の糊やゴミを落とす加工をかけています。
この加工により縮率を出しているため、このあとご家庭のお洗濯で大幅な縮みが出ることはありません。

最後に、バイオ・ストーン加工を施し、縫製部分にアタリを出し、全体をヴィンテージウエアのような美しい風合いに仕上げます。
ストーンは、あえて角が丸くなったストーンを使います。丸っこいストーンで洗うことにより、生地を痛めることなく、ストーンウォッシュの風合いを出すことができるんです。

FIX(色止め)剤もかけていますので、これ以上の大幅な色落ちはありませんが、一応、染製品ですので、雨や汗により多少の色移りがある可能性はあります。
色の薄いものと一緒に洗うこともお避けください。

着込めば着込むほど、さらに生地と染料が馴染み、所有者様それぞれの唯一無二の風合いに育っていきます。
天然素材・天然染料が織り成す経年変化も楽しんでもらえたらうれしいです。

生地の編み立てから縫製、染色に至るすべての製作工程を日本国内で行ったメイドインジャパン製品です。

WEBSHOPにて販売開始いたしました。
よろしくお願いいたします。

HEADGOONIE
大八木未来

http://headgoonie.com/